大津町ホームページ総合トップへ

新庁舎建設工事進捗レポート No.8

最終更新日:

 大楠(オークス)との共生

 

 新庁舎西側には大きな楠(クス)の樹があります。

 このクスの大樹は、町のシンボル的な存在となっていますが、新庁舎にとっては課題となる面もあります。クスの樹は常緑樹ですが、毎年4月から5月頃に葉が生え変わる更新時期となり大量の落ち葉を落とします。

 新庁舎建設工事中の問題点として、落ち葉のコンクリート打設時の混入が考えられましたので、打設前の清掃や防護ネットの設置等の混入対策を行いました。鯉のぼりの季節である4月や5月は強い西風が吹き、高い位置からの落ち葉は風に乗って結構な場所まで飛んでいきます。

 次に、完成後の維持管理面の問題点として、落ち葉による雨といの詰りが考えられます。また、免震ピット内への侵入が考えられましたので侵入防止策を行っています。

 しかしながら、大楠の存在は低層部での西日対策で省エネ効果が期待できますし、大切な癒し空間を提供してくれます。毎年の落ち葉清掃の負担はありますが、新庁舎にとっては大楠との長い共生の道を歩むことになりそうです。  

 

  大楠1

 免震ピット内からクスの樹を見上げられるのは、この時期のみ(令和2年6月中旬撮影)

  大楠3
 
  大楠2
  大楠4

 また、工事の進捗状況をお知らせするための説明図を作成しました。

 ホームページには次号以降も引き続き掲載していく予定です。青色部分は施工済(完了)、赤色部分は躯体部分の施工中、黄色部分は内外装仕上や設備工事の施工中、無着色部分は未施工(今後の施工)部分を示しています。ダンパーを除く免震装置の支承(アイソレータ)が設置され、免震上部基礎と1階床下躯体の工事が始まりました。

 

新庁舎進捗図










 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9866)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved