大津町ホームページ総合トップへ

新庁舎建設工事進捗レポート No.7

最終更新日:

 免震基礎のモックアップ(試作品模型)試験について

 

 4月23日に免震装置と基礎を繋ぐベースプレートが搬入されましたが、ベースプレートが搬入される前の4月14日、15日の2日間で免震基礎のモックアップ(試作品模型)による実大試験を行いました。

 モックアップの製作は、設計や施工において心配な箇所について行われる手法です。新庁舎の基礎は基礎免震構造であることから免震装置を挟んで、下部基礎(地球側)と上部基礎(地上側)に分かれていますが、地震等の力が免震装置に集中するのでその品質確保は非常に重要です。熊本地震後に行われた、国土交通省による県内の免震構造建物被害調査報告書では、免震基礎周辺部分での被害も確認されています。新庁舎ではこの被害の要因となった内容にも留意して工事を進めています。

 試験は施工において最も不利な条件のすべり支承用ベースプレートタイプで行いました。加圧式のコンクリート充填工法を採用し、流動性のある高強度コンクリートを圧入しました。ベースプレート下へのコンクリートの充填状況が悪いと構造上の欠陥となってしまいますが、実際の現場ではベースプレートの取り外しはできませんので、この試験の体験が指標となります。14日に高強度コンクリートの試験練り及び打込み試験を、15日にベースプレートを外してのコンクリートの充填状況の確認試験を行いました。管理項目である「1.全体の充填率」及び」「2.区画毎の充填率」は満足したのですが「3.空隙部の判断基準」を満足することができなかったため、17日、18日に改良した再試験を行い、3つの判断基準を満足することができました。  

 

 

 

 1.モックアップ配筋及びベースプレート取り付け

  モックアップ(1)

 

 2.モックアップ型枠設置

  モックアップ(2)


 3.コンクリート圧入試験(1回目)
  モックアップ(3)

 

 4.コンクリート圧入状況(1)

  モックアップ(4)


 5.コンクリート圧入状況(2)

  モックアップ(5)

 

 6.コンクリート圧入状況(3)

  モックアップ(6)

 

 7.コンクリート圧入状況(4)

  モックアップ(7)

 

 8.ベースプレート取り外し(※実際の現場では取り外さない)

  モックアップ(8)

 

 9.コンクリート充填状況確認
  モックアップ(9)

  

 10.改良再試験

  モックアップ(11)

 

 11.コンクリート圧入状況(2回目)

  モックアップ(12)

 

 12.再試験ベースプレート取り外し

  モックアップ(13)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9739)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved