大津町ホームページ総合トップへ

避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について

最終更新日:

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される状況下において、災害が発生し避難所を開設する場合、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期す必要があります。避難所が開設されるような自然災害等が発生した場合に備え、災害発生時の対応について考えておきましょう。

 「避難」とは「難」を「避ける」ことです。自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難場所に行く必要はありません。本当に避難場所に行く必要がある方を適切に受け入れられるようご協力ください。

安全性が確保される場合は自宅や地区公民館への避難や安全な親戚・知人宅へ避難することも日頃から考えておきましょう。

 

避難所に避難する際の注意事項

 

分散型避難へのご協力

災害時の避難所は、過密状態になることが予想されますので、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために、次のフロー図を参考に「分散型避難」にご協力をお願いします。 新型コロナウイルス感染症対策として、避難所での「3密」を回避するために、避難行動判断フローに沿った避難計画と日頃からの準備をお願いします。

 

住民の皆様へのお願い

 

(1)マスク、その他必要な物品の準備

 避難所を利用する場合には、マスクの着用をお願いします。(ない場合はキッチンペーパーと輪ゴムで作成)また、体温計や常備薬(お薬手帳)食料など自身が必要な物品は持参するようにしましょう。

 供用を避けるためのハンドソープ・固形石けん、テッシュやポリ袋もあると便利です。

 

(2)手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

 頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。

 

(3)避難所における物品等の衛生管理

 物品等は、定期的に、および目に見える汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、衛生環境をできる限り整えましょう。

 

町の対応

(1)十分な喚起の実施、スペースの確保

 避難所内については、十分な換気に努めるとともに、避難者間の十分なスペースを確保いたします。(パーテーションの活用等)

 

(2)発熱、咳等の症状がある方への対応

 体調が不良な場合は、速やかに避難所担当職員や巡回保健師等が対応し、他の避難者と接触しないよう努めます。

 

 

※災害の備えや避難所利用等に関しては、「大津町洪水・土砂災害ハザードマップ」や「防災ハンドブック」等を活用ください。

大津町洪水・土砂災害ハザードマップ別ウィンドウで開きます」(クリックで関連サイトへ移動します。)

防災ハンドブック別ウィンドウで開きます(外部リンク)」  (クリックで関連サイトへ移動します。)

 

・避難行動判定フロー及び参考情報

 避難行動判定フロー2(PDF:117キロバイト) 別ウインドウで開きます (クリックでファイルが開きます。)

・避難情報のポイント及び解説 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9696)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved