大津町ホームページ総合トップへ

新庁舎建設工事進捗レポート No.4

最終更新日:

 今回は地中基礎工事に関する話題です。

 

 先月、ちょっとだけ紹介しましたが、運搬車両のタイヤ自動洗浄装置が活躍しています。場内の土砂を公道に持ち出さないための装置ですが、掘削土の搬出運搬において有効に稼働しています。また、東側歩道沿いの仮囲いに陣内幼稚園の園児たちの絵も掲示したので、ご覧ください。

 工事は、杭と同様に地中に埋まってしまう地中基礎工事の段階です。新庁舎は作業エリアが広いことから工事内容に応じて工区分けを行っています。地下の免震ピット(機器類や配管類のメンテナンス用空間)に関しては6工区に分割し、地下外周の山留め壁の設置、地盤の掘削(根切)、杭頭処理、捨てコンクリート(捨てコン、均しコン)、墨出し、地中基礎鉄筋の配筋圧接・型枠設置及びコンクリート打設の順で進めているので、工区毎に作業の流れが段階的に確認できます。

 杭頭処理後の鉄筋48本はフーチング(杭と地中基礎梁と免震下部基礎の接合部)への定着筋で鉄筋直径(35mm)の40倍(140cm)以上の長さが有ります。掘削底はフーチング、地中基礎梁及び免震ピット床といったそれぞれの所定の高さとなっています。捨てコンは位置を決めるための墨出し、型枠設置や鉄筋組立の正確さ及び基礎底面を平らにする目的のものです。墨出し後、フーチングの補強に影響する杭位置(杭芯)のずれがないかの確認を行っています。

 

 <タイヤ洗浄装置>
 タイヤ洗浄装置その2
 タイヤ洗浄装置その1

 <陣内幼稚園 園児が描いた絵>

 陣内幼稚園仮囲い絵その1
 陣内幼稚園仮囲い絵その2

 陣内幼稚園仮囲い絵その3

 <捨てコンクリート>

 捨てコンクリートその1
 捨てコンクリートその2

 <墨出し>
 墨出しその1

  <地中基礎鉄筋の配筋圧接>
 配筋圧接その1
 配筋圧接その2  

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9397)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved