大津町ホームページ総合トップへ

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:

新型コロナウイルス感染症(9月17日更新)

 ■三つの密の回避、手洗い等の手指衛生、人と人との距離の確保、マスク着用等の基本的感染防止をお願いします。
 ■「新しい生活様式」の実践をお願いします。

 ■発熱又は風邪の症状がある場合は、自宅で療養しましょう。
 ■コロナウイルス検査を受ける時や感染者との濃厚接触疑い時などに、保健所から自宅待機を指示された場合は、指示を守っていただきますようお願いします。

 

 

新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて

 熊本県は、9月8日から9月14日の新規感染者22名(うち感染経路不明者10名)が確認されたことを踏まえ、9月15日からの熊本県の感染状況を表すリスクレベルを最も高い「レベル4特別警報」を維持することとしました。

 町民の皆様におかれましても、より一層の感染防止対策(こまめな手洗い、手指消毒、マスク着用、咳エチケット、人と人との距離を保つ、こまめな換気など)の徹底とともに、以下の県からの協力要請について、引き続きお取り組みいただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

 

【県民の皆様への協力要請】

■不要不急の県外への外出は自粛すること

■特に「3つの密」のある場及び感染が流行している地域への移動は極力自粛すること

■マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策を徹底すること

■感染防止対策のできていない「特定の飲食店」(「バーやクラブ等の接待を伴う飲食店」及び「その他の酒類の提供を行う飲食店」)の利用を自粛すること

■県外在住の親戚等へ、お盆期間等の帰省を控えていただくよう、呼びかけること

■親族行事においては、多人数(10人以上)での会食を控え、発熱やかぜの症状がある場合は行事に参加しないこと

■帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者と部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底すること

■高齢者、基礎疾患を有する方、及びそのご家族の方は、外出の際は感染防止対策を特に徹底すること

 

【事業者への協力要請】

■「特定の飲食店」においては、感染拡大予防ガイドラインや県が示すチェックリスト等による感染防止対策を徹底するとともに、それが県民にわかるよう、令和2年7月30日付けで通知したステッカー等を掲示すること

■企業及び事業者等においては、感染防止対策(PDF:538.2キロバイト) 別ウインドウで開きますを実施すること

■社会福祉施設及び医療機関においては、施設内感染や院内感染を防止する対策の徹底をすること

■事業所や施設内における感染防止対策の具体化及び実施を行うこと

■感染者や有症状者等が発生した場合の、事業所内での連絡体制や事業休止のルール等を定めておくこと

■感染者等が発生した場合の、対策責任者や対応者等を定めておくこと

 

【催事等の開催に係る主催者への協力要請】

■感染防止対策の徹底ができない催事は自粛すること。また、延期できる催事は極力延期すること

 
新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベルについて(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 9月15日

感染防止対策チェックリストについて

 熊本県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と地域経済・県民生活の両立に向けて、事業者のみなさまには感染防止対策チェックリストの活用及び当該チェックリストの掲示をお願いしています。
 町内の事業者のみなさまにおかれましては、ぜひ当該チェックリストを活用して、お客様の安心安全につながる取り組みをすすめていただきますようお願いします。
 
なお、営業にあたっては、各団体が定めている業種別ガイドライン別ウィンドウで開きます(外部リンク)についてもご確認の上、実践していただきますようお願いします。

 

今後の対応について

■外出自粛の段階的緩和について(7月10日以降)

 国の方針及び県内の感染状況を踏まえ、7月10日以降の外出自粛について、県から以下のとおり示されました。

 ・引き続き、「3つの密」がある場及び感染が流行している地域へは、「新しい生活様式」の一環として、移動を控えること。

 ・業種別ガイドライン、県作成の感染対策チェックリスト等による感染防止が徹底されていない施設等への外出は控えること。

 ・外出の際は、マスクの着用や手指の消毒などを行い、人との距離を確保すること。

 ・観光振興は、県をまたぐものも含めて徐々に行うこと。
外出
■イベント開催制限の段階的緩和について(9月19日以降)

 熊本県では、イベント開催について、国の方針及び県内の感染状況を踏まえ、11月末まで、開催の目安を示しました。具体的な内容につきましては以下をご参照ください。

 

新型コロナウイルス感染症対策に係るイベント開催の段階的緩和について(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症対策に係る9月19日以降のイベント開催制限等について(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)又はイベント参加者が1,000人を超えるイベントの開催を予定する場合、施設管理者又はイベントの主催者は、県に事前相談をしてください。

 

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた適切な医療機関の受診について

 コロナ禍でも医療機関で適切に受診しましょう。

■過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります

■コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です

■医療機関では感染防止対策が行われています

■具合が悪いなど健康に不安があるときは、まずかかりつけ医に相談しましょう

上手な医療のかかり方(厚生労働省).jp別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

新しい生活様式の実践

 感染拡大を長期的に防ぐため、買い物や食事など、日常生活の様々な場面において「新しい生活様式」による感染対策を心がけてください。
 新しい生活様式

  
 
 

集団感染を防ぐために

  風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いします。
 風邪症状があれば、外出を控え、やむを得ず外出される場合はマスクを着用していただくようお願いします。
 集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
 密を避けて行動しましょう
 
   これらに加えて、こまめな手指衛生と咳エチケットの徹底、共用品を使わないことや使う場合の充分な消毒は、感染予防の観点から強く推奨されます。
その他詳しくは以下を参照ください。
 

 

 

熊本県内の発生状況

熊本県内の感染者の発生状況や検査件数、相談件数について表しているデータです。

【県内の感染者及び検査件数】

新型コロナウイルス感染症の県内の感染者発生状況(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

新型コロナウイルス感染者の状況及び検査件数について(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

【県内の相談件数】

新型コロナウイルス感染症相談窓口への相談件数(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 【熊本市の感染者の情報】

新型コロナウイルス感染症 熊本市での発生状況(熊本市新型コロナウイルス感染症情報サイト)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 【県内の状況】

熊本県内の最新感染動向別ウィンドウで開きます(外部リンク)


 

相談・受診前に心がけること

■発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える。

■発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定し記録しておく。

■基礎疾患(持病)をお持ちの人で症状に変化がある人、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

 

 ※感染しているのではないかとの不安から適切な相談をせずに医療機関を受診する方がいると、かえってご自身が医療機関において感染するリスクも高めることになります。

 
  

次の症状がある方は「熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(コールセンター)」にご相談ください(5月21日更新)

 熊本県はこれまで、県保健所(10か所)と県庁に相談窓口を設置し、新型コロナウイルス感染症の疑いのある方からの問い合わせに対応してきましたが、令和2年5月21日9時より、専用相談窓口を開設し、一元的に対応することになりました。

 

 熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(コールセンター):096-300-5909(24時間対応)

 ※電話による相談ができない方については、FAXでの相談も受け付けています。

 県相談窓口(県健康危機管理課)FAX:096-383-0607、096-383-0608

                受付時間:9時~19時

 

ご相談いただく目安

 (1)少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。
■息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある。
■以下のような重症化しやすい人で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患等のある人や透析を受けている人
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人
(2)次の症状が4日以上続く場合には必ずご相談ください。
上記(1)に該当する人以外で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
※症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない人も同様です。
(3)その他 
■妊婦の人は念のため、重症化しやすい人と同様に早めにご相談ください。
■小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関にご相談ください。

 

○複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

○センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、手洗いや咳エチケットを徹底したうえで、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 

 

 

妊婦の方々へ

 一般的に、妊婦の方が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。現時点での医学的知見や、予防や働き方の留意点、発熱時の対応などについて参考にされてください。

 


 妊婦の皆様へ 外出自粛中のお知らせ(PDF:848キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

 

新型コロナウイルス感染症に備えて

 

 

厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

国立感染症研究所別ウィンドウで開きます(外部リンク)

首相官邸別ウィンドウで開きます(外部リンク)

熊本県庁別ウィンドウで開きます(外部リンク)

東北医科薬科大学病院「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック」を発刊しました別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間 9時00分~21時00分

 
 

中小企業・小規模事業者相談窓口

 新型コロナウイルスの流行により、影響を受ける、またはその恐れがある中小企業・小規模事業者を対象として、熊本県内でも相談窓口が設置されています。詳しくは下記リンクをご参照ください。

九州経済産業局別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  

 


 


 

 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:9357)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved