大津町ホームページ総合トップへ

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの予防接種について

最終更新日:
 

子宮頸がん予防ワクチンの予防接種について

 HPV(ヒトパピローマウイルス)はヒトにとって特殊なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、そしてその一部が子宮頸がん等を発症します。100種類以上の遺伝子型があるHPVのなかで、子宮頸がんの約50~70%は、HPV16、18型感染が原因とされています。HPVに感染しても、多くの場合ウイルスは自然に検出されなくなりますが、一部が数年から数十年間にかけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。子宮頸がんは国内では年間約10,000人が発症し、年間約2,700人が死亡すると推定されています。

 現在国内で接種できる子宮頸がん予防ワクチンは、国内外で子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16、18型に対する抗原を含んでいる2価ワクチン(サーバリックス)と尖圭コンジローマや再発性呼吸器乳頭腫症の原因となる6型、11型も加えられた4価ワクチン(ガーダシル)があります。HPV未感染者を対象とした海外の報告では、感染及び前がん病変の予防効果に関して両ワクチンとも高い有効性が示されており、初回性交渉前の年齢層に接種することが各国において推奨されています。

 ただし、子宮頸がん予防(HPV感染症)ワクチンを接種してもすべての発がん性HPVを予防できるわけではないため、20歳を過ぎたら定期的な子宮頸がん検診が必要です。

 

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて

 子宮頸がん予防(HPV感染症)ワクチン接種は、平成25年4月1日に「予防接種法」に基づく定期予防接種となりました。

 しかし、このワクチンの接種を受けたあとに持続的な痛みが生じたと報告があり、ワクチンとの因果関係を否定できないことから、平成25年6月14日付で厚生労働省から適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を控えるよう勧告がありました。

 これは、定期予防接種を中止するものではありませんので、ワクチンの有効性やリスク等にについて十分に理解したうえで、予防接種を受けるかどうかの判断をしてください。なお、接種完了(全3回の接種)には約6ヶ月の期間がかかりますのでご留意ください。

 

 ※接種回数とスケジュールにつきましては以下のリンクをご覧ください。

予防接種別ウィンドウで開きます

 

<参考>

・ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)別ウィンドウで開きます(外部リンク)


このページに関する
お問い合わせは
(ID:8965)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved