大津町ホームページ総合トップへ

災害公営住宅の整備について(お知らせ)

最終更新日:
  

1 災害公営住宅について

 災害公営住宅とは、災害で住宅を失い、自力での住宅再建が難しい被災者向けに、国の補助で県や市町村が整備し、低廉な家賃で賃貸する住宅をいいます。 なお、発災から3年間は、入居時において収入要件がありませんが、一定期間経過後は通常の公営住宅と同じ扱いになります。

 

2 整備場所及び戸数等について

 意向調査や入居仮申込書の受付を行い、次のとおり町内4ヶ所で74戸を整備することにしました。なお、不足する分については、あけぼの団地などの既存の町営住宅の空室を活用し、必要数を確保することにしています。また、完成予定時期については、用地選定した時期や構造の違い等により、それぞれ異なります。

 

 名称 構造

 整備予定戸数

 完成予定(年月)
 (1)立石災害公営住宅(仮)

 RC造

 5階建て

 25戸 平成31年9月
 (2)引水災害公営住宅(仮)

 木造

 2階建て

 12戸 平成31年3月
 (3)山村広場災害公営住宅(仮)

 木造

 平屋建て

 10戸 平成31年3月
 (4)町営グラウンド災害公営住宅(仮)

 RC造

 3階建て

 27戸 平成31年12月
     合  計  74戸 

 

  

建設場所の地図及び写真     ※青色のピンをクリックすると写真がご覧いただけます。写真の赤い囲み線の部分が建設予定地です。

 
 


 

 





 

 

 

 

 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:7441)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved