大津町ホームページ総合トップへ

ダニ感染症にご注意ください!

最終更新日:
 

マダニ感染症にご注意ください!

 キャンプやハイキング、農作業など山や草むらで活動する機会が増える時期です。

春から秋にかけ、マダニの活動が活発になります。マダニは食品類に発生するコナダニや、寝具類に発生するヒョウヒダニ等とは種類が異なり、比較的大きな(3~4ミリ)ダニです。おもに日本全国の森林や草地などの屋外に生息しています。

  マダニに咬まれることにより発症する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、潜伏期は6日〜14日です。主な症状としては、原因不明の発熱、食欲低下、嘔吐、下痢などの消化器症状が中心で、時には頭痛、筋肉痛、意識障害などの神経症状、さらには出血症状も引き起こし、重症化すると死に至ることもあります。これに対する有効なワクチンもまだありません。 また、マダニはSFTSのほかにもいろいろな病気に関係していることが確認されています。日本紅斑熱、ダニ媒介性脳炎など多くの感染症がマダニによって媒介されています。咬まれないように予防することが重要です。

 厚生労働省「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 厚生労働省「ダニ媒介感染症」別ウィンドウで開きます(外部リンク)


 

ダニ感染症対策

  • 帽子や手袋、首のタオルなどで肌の露出を少なくする
  • 森林や草地などでは長袖、長ズボン、登山用スパッツ、靴や長靴など足を完全に覆うものを着用する。シャツの裾はズボンの中に、シャツの袖は手袋の中に入れ、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れるようにする。
  • ダニ用の虫よけ剤を使用する。
  • 明るい色の服を着用し、マダニの付着を確認しやすくしておく。
  • 屋外活動後はすぐ入浴して、マダニに咬まれていないか確認する。(体の柔らかい部位を探して刺す習性がある)
  • 着用した衣類は放置せずすぐに洗濯するか、ナイロン袋等に入れ口をしばっておく。
 

ダニに咬まれたとき

  • ダニを無理に引き抜こうとせず、医療機関(皮膚科等)で処置を受ける(マダニ類は体部を引っ張ると口器がちぎれて皮内に残ってしまうことがあるため)
  • ダニに咬まれた後、数週間は体調の変化に注意する
  • 発熱等の症状がみられた場合は医療機関を受診する
このページに関する
お問い合わせは
(ID:7330)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved