大津町ホームページ総合トップへ

佐々木長綱の墓

最終更新日:
  

通称「オトサン」

 阿蘇への山道の始まる路傍に古びた祠があり、奥に小さな五輪塔が2基並んでいます。佐々木合志初代長綱夫婦の墓といわれ、地元では「オトサン」と呼んでいます。

 近江源氏の一族佐々木長綱は、ここ弥護山一帯が比叡山の寺領であったため、延元2年(1337)に寺領奉行としてこの地に下向したと言われています。長綱は、真木に館を築き、郡名「合志」を姓に名乗りました。ここを拠点に勢力を合志郡一帯にのばしていき、子孫は、後に合志一郡を支配しました。

 後に付近一帯は、夫妻の墓を中心に初期の合志一族が眠る祖廟の地と思われます。今なお真木地区には今城跡・摩利支天堂など、合志一族に関係のある遺跡が残っています。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6726)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved