大津町ホームページ総合トップへ

円満寺

最終更新日:
円満寺の写真 円満寺内部の写真

 鞍岳馬頭観音・弥護山無動寺(蓮華院)の里寺。平安初期の無動寺の禎(てい)快(かい)上人の創建と伝えられています。由緒書には、「矢護山無動寺の禎快上人が、桓武天皇の第三王子の病気の快癒(かいゆ)祈願をしたところ、程なく御平癒になったことから、不動明王像一体を与えられ、御願円満なるによって円満寺と号した。寄附された土地を御願所という。」と伝えられています。また同書には、「坂上田村麻呂が合志郡鞍岳へ下向の際、本堂を成就し、石像の観世音を安置した。」とあり、その石像が現在の本尊であるといわれています。現在でも、寺には、平安後期と推定される木造十一面観音立像(大津町最古の仏像)や南北朝期の木造不動明王立像(旧無動寺の仏像との伝承あり)などが残されています。

 『肥後国誌』によれば、平安期の合志郡東部一帯は、比叡山延暦寺の荘園であったとされ、中央の要人との深い関係を物語るこれらの伝承は、無動寺やこの寺が天台宗比叡山の寺領の中心の一つであったことを示しています。

 旧記によれば加藤清正が熊本城築城の折、地鎮の法を行なったのが、円満寺の僧悟(ご)智(ち)であったとあります。以来、城の東北に位置することから、城の安全の祈願所として手厚く遇され、細川氏も加藤氏の遺志を継ぎ、円満寺の保護に当たりました。現在も庫裡(くり)の屋根に残る九(く)耀(よう)の紋がその歴史を物語っています。

 鞍岳を奥の院とするこの寺は、牛馬守護の信仰が厚いところとしても知られます。3月18日の祭りには、古くは熊本県内外から人馬の参拝があり、境内は多くの人々で身動きができないほどだったといいます。

 「わがこまは鞍岳の山にいそがばや  三十三所の法のはじめに」

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6715)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved