大津町ホームページ総合トップへ

大林の牛舞

最終更新日:

牛舞の写真 江戸時代に阿蘇地方から伝わったといいます。この地は畑作地帯のため日照りが続くと人々は総出で、この牛舞をしながら田畑1枚ごとに雨乞いをしていました。

 ときには数鹿流の滝まで水をもらいに行き、ここでも舞ったことがあるといいます。雨乞いでの舞いは戦前まで行われていました。その後は昭和30年代に熊本市の火の国祭りや地元農協の農業祭に招かれて舞い、近年ではつつじ祭りに出演したりしていました。

 牛舞は県下に数ヶ所あり、いずれもゴザなどを使った牛で田植えなどの所作をしますが、大林の牛舞は本物の牛1頭分の皮をなめしたもので、これに2人が入って馬鍬をひきます。踊り手の女性たちは絣の着物に赤腰巻、男は鉢巻に法被の出で立ちで太鼓、笛を三味線に合わせて道中は道楽、本番になると踊り手にかこまれた牛が代掻きをする途中、急に病で倒れます。それに呼ばれて来た伯楽どん(獣医)のユーモアたっぷりの歌に合わせて踊り手も歌って踊ります。牛もそれに連れて起き上がり、代掻きを始めるという筋書きですが、その歌も忘れられたので、現在は子どもたちが伝統を受け継ぎ、牛をひく夫婦と、白楽どんとのニワカを折り込んでおり、ほかの牛舞とはちょっと変わったものです。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6700)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved