大津町ホームページ総合トップへ

松古閑天神

最終更新日:

松古閑天神の写真 松古閑の集落の西端にある広場のタブの木に祀られています。

 祭りはもと1、2、3、9、11月の25日に年5回行われていました。今は1、9、11月の3回になっています。9月には「願の相撲」と言って大人の相撲が行われていましたが、子供の相撲になりました。

 11月の祭りには前日の夜に火を炊き続ける「夜渡(よど)ん晩」があります。神木の前の土俵のなかに穴を掘り、ここから神木までの間に竹を立てて、幅1メートルの「神さんの道」を作ります。火は穴の中で次の日まで焚き続けられます。かつてはこの焚きもん集めは子供の大切な役目であったといいます。2ヶ月ほど前から集め始めて、遠くから運ぶ時は縄をつけて引っ張ってきたそうです。焚く火の周りに着座する時は神木側が上座で、その方から順に古老から座りました。

 当日は神木の前にゴザを敷いて神事があり、そのあと直会があります。大津町ではこの「火焚き天神」があるのはここだけのようです。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6659)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved