大津町ホームページ総合トップへ

軽便鉄道停車場跡

最終更新日:

軽便鉄道停車場跡の写真 西から大津宿への玄関は「室簀戸口」。上大津の簀戸口と共に江戸期の参勤交代時の関所でした。その跡は旧国道の南側の一角にあります。ここから西は「八丁桜馬場」と呼ばれ、桜並木のあった凹道でした。

 その途中、曙団地南に位置するところを終点に、明治41年(1908)南千反畑町の旧県庁前から軽便鉄道大津線が開通しました。大部分は旧参勤道を利用したもので、馬力はあまりありませんでしたが、大津に人と物を運び、近代発展の一役を担いました。やがて、大正3年(1914)の国鉄(現JR九州豊肥線)大津駅開業でその役割を終えました。

 熊本と大津を鉄道で結ぶ構想は明治20年代からありましたが、その中で熊本軽便鉄道株式会社(大日本軌道株式会社熊本支社)が経営する軽便鉄道大津線(明治41年開通)が、旧参勤道沿いに敷設され、その停車場がここに置かれました。近代の大津の発展を支えましたが、大正3年の国鉄豊肥線の肥後大津駅開業によりその使命を終えました。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6643)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved