大津町ホームページ総合トップへ

丹防の吐

最終更新日:

丹防の吐の写真 阿蘇外輪山からつながる合志台地の裾野が終わるこの近辺は、伏流水の湧くことから水の豊かな地帯となっています。特に猪郷谷から合志ヶ水が南流するこの一帯は、水に恵まれた地域で、大津でも古い歴史のある場所でした。『大津史』には、この合志ヶ水が平地に出て向きを変えて南西流し、少しよどむ辺りの湿地帯に、人々が田圃(丹防)を作り集落を形成したとされています。上井手開削以前の古い集落であり、大津最古の集落の一つではないかとも考えられます。ここから合志ヶ水も「丹防(田圃)川」と名を変え、付近も田町と呼ばれました。

 さらに丹防川から水を引いて、「丹防堤」(面積略5町(5ヘクタール弱)・深数尋(6メートル余)の溜池)を作ったとされ、「引水」とはここから起ったという説もあります。この丹防堤によってさらに、南方鍛冶村に及ぶ細長い水田地帯(ジッタンボ)が形成されました。この辺りの生活を偲ばせる小字に「堤の上」「谷の本」、苗字に「谷本」「源川」があります。

 江戸初期に上井手を開くに当っては、交差するこの流れをどう治めるかが大きな問題となりました。藩主加藤忠広の時には石工大津鶴口の六造(又の名六雙)をして工事をすすめ、巨石を用いた水門を造り、六雙井樋の名を残しました。

 江戸後期に大津手永の惣庄屋となった山隈権兵衛は、合志ヶ水が上井手に流れ込み、上鶴一帯が洪水となるので、その余分な流れを逃がす吐口を設置し、丹防川に落し梶(鍛冶)村の下井手に合流するよう工夫しました。「吐」の地名の由来です。「丹防の吐」という地名には、水と関わりながら生きてきた地域の人々の息吹が感じられます。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6641)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved