大津町ホームページ総合トップへ

ふぐの素人調理は危険です!

最終更新日:

 家庭でのフグ処理は大変危険です!

 県内において、知人からふぐを譲り受け、調理して食べたことを原因とする食中毒が発生しました。

自分で釣ったふぐ又は知人から譲り受けたふぐの素人調理は絶対にやめ、ふぐによる食中毒を防ぎましょう。

○ふぐ毒(テトロドトキシン)は、青酸カリの数百倍の毒性を持つ極めて危険な毒です。

○ふぐの毒力は、一般的に肝臓、卵巣、皮が強いとされていますが、種類や部位によって著しく異なります。ふぐによって可食部位が異なるため、食べられるかどうかを素人が判断することは大変危険です。

○ふぐの毒は、加熱などの調理では無(弱)毒化されることはありません。

○熊本県では、営業でふぐ提供する場合には、条例で県知事の免許を受けた「ふぐ処理師」のみが、「ふぐ処理所」の登録を受けた場所でふぐを処理できると定めています。

※参考:厚生労働省ホームページ「自然毒のリスクプロファイル」

    http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6357)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved