大津町ホームページ総合トップへ

国民健康保険税の計算方法

最終更新日:

 

国民健康保険税の計算方法

 

国民健康保険税

 国民健康保険税は、

【1】基礎課税額 (以下「医療保険分」)

【2】後期高齢者支援金等課税額 (以下「支援金分」)

【3】介護納付金課税額 (以下「介護保険分」)

 により構成され、これらを合計した金額が課税されます。

 

 税額の算定の基礎となるのは前年中(1月~12月)の所得になります。

 それぞれの課税額は、次の計算により算出され、それぞれに課税の限度額が定められています。

 

  ・ 医療保険分=所得割+均等割+平等割(上限65万円)

  ・ 支援金分 =所得割+均等割+平等割(上限22万円)

  ・ 介護保険分=所得割+均等割+平等割(上限17万円)

 

 

国民健康保険税の計算方法

 それぞれの課税額における、所得割、均等割、平等割は次のとおり計算します。

各課税額の計算方法

 区分

 算出方法

  医療保険分(注1)

支援金分 (注2)  

 介護保険分(注3)

 所得割 国保加入者の前年分の所得に応じて計算します課税標準所得額(注4)× 8.00% 課税標準所得額× 2.50% 課税標準所得額× 1.70%
 均等割 加入者数に応じて計算します。

 27,100円

 7,000円

 9,100円

 平等割 全ての世帯が同額を負担します

 25,000円

 6,500円

 6,400円

注1)医療保険の費用にあてます。
注2)後期高齢者医療の費用にあてます。
注3)介護保険の費用にあてます。40歳から64歳の加入者(介護保険2号被保険者)に負担いただきます。

注4)課税標準所得額が、「前年の総所得金額等-基礎控除額」で算出します。

   

基礎控除額の計算方法

 前年の合計所得金額

 基礎控除額

 2,400万円以下

 43万円

 2,400万円超 2,450万円以下

 29万円

 2,450万円超 2,500万円以下

 15万円

 2,500万円超

 0万円

 

 

課税限度額

 医療保険分の課税額が65万円を超えた場合は65万円、支援金分の課税額が22万円を超えた場合は22万円、介護保険分の課税額が17万円

を超えた場合は17万円となります。

 国民健康保険税には非課税の制度はありません。前年中に収入が無い方でも課税されます。

 

   注)令和5年度の税制改正により、課税限度額が改正されました。

   改正された課税限度額は、令和5年度分以降の国民健康保険税から適応されます。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6307)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved