大津町ホームページ総合トップへ

町県民税の年金からの特別徴収について

最終更新日:
町県民税(65歳未満の方)は、年4回の普通徴収(または口座振替)や給与から毎月天引きされる特別徴収でお支払いいただいておりますが、65歳以上で条件を満たす方は年金から天引きされる特別徴収が始まります。

対象となる人                                      
  65歳以上(4月1日現在)の公的年金受給者の人で、前年中の年金所得にかかる町県民税の納税義務のある人
  ただし、次のいずれかに該当する人は、これまでどおりの普通徴収になります。
・公的年金の年額が18万円未満の人
・介護保険料が年金から特別徴収されていない人
・特別徴収される税額が公的年金の額を超える人
 
特別徴収の対象となる税額                                
  厚生年金、共済年金、企業年金等を含むすべての公的年金にかかる税額が特別徴収されます。
*障害年金、遺族年金など非課税の年金は除きます。
*公的年金所得以外に給与所得や他の所得がある場合は、これらの所得に係る税額はこれまでのように自分で
 納付する普通徴収や給与からの天引きになります。

町県民税の年税額

給与の所得に対して

公的年金等の所得に対して

その他の所得に対して

課税された税額

課税された税額

課税された税額


 

この税額が公的年金からの特別徴収の対象となります。

特別徴収の方法 

 特別徴収される初年度

 公的年金等にかかる所得に応じた町県民税額の半分を普通徴収の方法により徴収し、残りの半分 を年金からの特別徴収により徴収します。

普通徴収

特別徴収(本徴収)

1期(6月)

2期(8月)

10月

12月

2月

年税額の1/4

年税額の1/4

年税額の1/6

年税額の1/6

年税額の1/6

年税額の半分を2回に分けて納付

年税額の残り半分を3回に分けて納付

 町県民税の年税額が36,000の場合

普通徴収

特別徴収(本徴収)

 

1期(6月)

2期(8月)

10月

12月

2月

 

9,000

9,000

6,000

6,000

6,000

36,000円の2分の1(18,000円)を普通徴収(1期・2期)で納めていただき、10月・12月・2月は年税額36,000円から普通徴収の残り(18,000円)を3分の1した額を特別徴収します。

 

特別徴収2年目以降

年度の前半(4月・6月8月)は、前年度の2月に特別徴収された額と同じ額を仮徴収し、後半(10月・12月・2月)は年税額から仮徴収した分を差し引いた残りの税額を本徴収します。

特別徴収(仮徴収)

特別徴収(本徴収)

4月

6月

8月

10月

12月

2月

前年度2月分の    税額

同左

同左

年税額から年度の前半に仮徴収した額を差し引いた残りの税額の1/3

同左

同左

 

町県民税の年税額が39,000円の場合(前年度2月の特別徴収税額が6,000円の場合)

特別徴収(仮徴収)

特別徴収(本徴収)

4月

6月

8月

10月

12月

2月

6,000

6,000

6,000

7,000

7,000

7,000

4月・6月・8月は前年度2月に特別徴収された額(6,000円)と同額を仮徴収し、10月・12月・2月は、
年税額39,000円から仮徴収した18,000円を差し引いた残額21,000円を3分の1した額(7,000円)を
本徴収します。     
 

☆給与から町県民税を徴収されている65歳未満の人についても、公的年金にかかる住民税を給与
  から差し引くことはできません。このため、給与からの特別徴収税額通知書と普通徴収納税通知書
  が届くことになります。                                    

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6300)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved