大津町ホームページ総合トップへ

入湯税

最終更新日:

  •  
  •  入湯税とは、環境衛生施設・鉱泉源の保護管理施設・観光施設および消防施設などの整備のための費用にあてるために設けられた目的税で、鉱泉浴場(温泉)の入湯行為に対してかかる税です。

納税義務者

 鉱泉浴場の入湯客

税率

 1人1日につき150円

申告と納税の方法

 浴場経営者等が、毎月1日から末日までの間に入湯客から徴収した入湯税を、翌月15日までに申告し、納めることになっています。

 

入湯税の使途

 入湯税は地方税法第701条の規定により、環境衛生施設・鉱泉源の保護管理施設・消防施設・観光振興に要する費用に充てられます。

 使途状況について詳しくは、下記ファイルをご覧ください。

 

 平成27年度 入湯税使途状況について(PDF:31.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

 平成28年度 入湯税使途状況について(PDF:31.8キロバイト) 別ウインドウで開きます





  •  

 


 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6275)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved