大津町ホームページ総合トップへ

行財政改革のQ&A

最終更新日:
Q.

 なぜ、行財政改革が必要なのですか?

A.

 国、地方ともに厳しい財政状況が続く中で、少子高齢化や経済活性化、雇用対策など様々な課題に直面しています。今後、住民満足度の高いサービスを提供し続けるためには、これまでのやり方を見直し、新しい行財政システムに変革していく必要があります。くわしくは、このホームページの「行財政改革」の項目をご覧ください。


Q.

 改革を進めると、町の住民サービスが低下しませんか?

A.

 行革の推進が即サービスの低下ということではありません。同様のサービスを違う方法でできないかなど、将来住民サービスが大幅に低下しないように町の仕事のやり方を新しく変えていこうとするのが、今回の行財政改革です。


Q.

 私たち町民の生活に影響はありませんか?

A.

 職員数の削減など、役場内部の改革に努めることはもちろんですが、事業の見直しで縮小や廃止を検討したり、サービス提供の方法を変えるものや、住民の皆さんの協力をいただいて行おうとするものもあります。また、使用料などの受益者負担の見直しも含まれていますので、少なからず住民生活に影響はあります。しかし、町のサービスを将来ともに持続できるものにするためには、サービスそのもののあり方や町民の皆さんと行政の関係を再検討し、住民協働の視点からこの行財政改革に取り組んでいく必要があると考えています。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5314)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved