大津町ホームページ総合トップへ

児童手当

最終更新日:
    

 児童手当は、「子ども・子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資すること」を目的として支給されます。

 

児童手当を受給できる方

 大津町に住所をお持ちで、対象の児童を監護・養育している方

 父母ともに児童を監護・養育している場合は、生計の中心になる方(所得が恒常的に高い方)が受給資格者となります。
 ※「監護」とは、児童の生活上通常必要とされる監督・保護を行っていることをいいます。

 

 

支給対象となる児童

 15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(留学中の場合を除き、日本国内に住所を有している児童が対象です)

 

 

手当額(月額)

 

 児童の年齢

 児童手当の額(1人あたり月額)

 3歳未満

 一律 15,000円

 3歳以上小学校修了前

 10,000円(※第3子以降は15,000円)

 中学生

 一律 10,000円

※第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

 

 児童手当には所得制限があり、所得制限限度額以上の方に対しては、特例給付として児童1人あたり月額5,000円を支給します。

 

 

 

所得制限

 所得制限限度額は以下のとおりです。

 

 扶養親族等の数

 所得制限限度額(万円)

 収入額の目安(万円)

 0人

 622

 833.3

 1人

 660

 875.6

 2人

 698

 917.8

 3人

 736

 960

 4人

 774

 1002.1

 5人

 812

 1042.1

 

 

支払月

 2月・6月・10月
 それぞれの月の前月分までの手当を支給します。

 ※通常は、上記の月の各11日が支払日ですが、11日が土・日曜、祝日であった場合は、直前の平日での支払となります。

 

 

手続きについて

 児童手当の手続きは主に以下のとおりです。

 状況によっては他に手続きが必要な場合や、追加で書類提出をお願いすることがございますので、詳しくはおたずねください。

 

認定請求

 初めてお子さんが生まれた場合、受給資格者が大津町に転入した場合、公務員でなくなった場合(勤務先に変更があり、所属庁から児童手当が支給されなくなる場合も含む)、児童を新たに養育するようになった場合(離婚・結婚、施設退所等)など

 

 ※里帰り出産等で町外で出生届を提出された場合も、受給資格者の住民票が大津町の場合、大津町で児童手当の認定請求手続きが必要です。

 

【必要書類】

・認定請求書

・印鑑(スタンプ式でないもの)

・請求者(父と母で所得が高い方)の健康保険証の写し

・請求者名義の普通預金口座通帳またはキャッシュカード

・請求者及び配偶者の個人番号カード、または個人番号通知カード、身分証

 

【児童と別居している場合】

・監護・生計同一申立書(児童の個人番号の記載が必要です)

 
児童手当・特例給付は申請した月の翌月分からの支給となります。
ただし、出生日や転入日などの異動日が月末に近い場合、異動日の翌日から15日以内に申請を行えば、申請月分から支給します。
期限を過ぎますと、手当を受給できない月が発生する場合がありますのでご注意ください。
 
 

額改定請求・額改定届

 すでに児童手当を受給されている方で、2人目以降のお子さんが生まれた場合、養育している児童に増減があった場合(離婚・結婚、施設入所・退所、児童の死亡等)など
【必要書類】
・額改定請求書/額改定届

・印鑑(スタンプ式不可)

 

【児童と別居している場合】※児童増の場合のみ

・監護・生計同一申立書(児童の個人番号の記載が必要です)

 

 

消滅届

 受給者が大津町外へ転出する場合、受給資格者が公務員になった場合、児童全員を養育しなくなった場合(離婚・結婚、施設入所、児童の死亡等)など

 

【必要書類】

・消滅届

・印鑑(スタンプ式不可)

 

口座変更届

 児童手当の振込先口座を変更する場合

   現在振込先になっている口座を解約・名義変更をされた場合なども変更届が必要です

 

【必要書類】

 口座変更届(エクセル:30.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

・印鑑(スタンプ式不可)

・振込先口座の通帳またはキャッシュカードの写し

 ※振込先は、児童手当受給資格者名義の口座になります。配偶者や児童名義の口座には変更できません。

 

 

現況届

 児童手当を受給している方は、毎年6月に現況届の提出が必要です。

 現況届は、6月から翌年5月までの児童手当を引き続き受給できるかどうかを確認するための大切な届です。

 対象の方には5月末に提出の案内と現況届の用紙をお送りしますので、6月中に子育て支援課窓口までご提出ください。

 提出がない場合は、6月以降の手当が受けられなくなります。また、現況届を提出しないまま2年が経過すると時効となり、受給権が消滅しますのでご注意ください。

 

【必要書類】

・現況届

・印鑑(スタンプ式不可)

・受給資格者の保険証

 

【児童と別居している場合】

・監護・生計同一申立書(児童の個人番号の記載が必要です)


 

大津町への手続きが不要な方

 公務員の方(所属庁から児童手当が支給される方)は勤務先での申請となりますので、勤務先へ申請してください。

 ただし、独立行政法人に勤務される方など、公務員共済に加入していても勤務先から手当が支給されない方は大津町への手続きが必要です。

 また、受給資格者が公務員でなくなった場合、公務員ではあるが勤務先の変更により児童手当の支給状況が変わる場合、大津町で児童手当を受給されている方が公務員になった場合は異動日の翌日から15日以内に大津町への手続きが必要です。

 

 

児童手当の寄附

 児童手当は寄附をすることができます。寄附された児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを支援するために使われます。寄附を希望する方は、子育て支援課に申し出てください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1829)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved