大津町ホームページ総合トップへ

プラスチックごみ問題について考えよう!

最終更新日:
 

プラスチックごみ問題について考えよう!

「プラスチックごみ問題とは?」「問題解決のために私たちに何かできるのか?」を紹介します。

  

1 はじめに

 プラスチックは石油から作られており、他の素材と比較して軽量で丈夫、加工もしやすいことから私たちの生活に多大な利便性と恩恵をもたらしています。
 一方で、優れた耐久性・安定性ゆえ、自然界で分解されにくいという特徴があり、海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題等との関連も指摘され、国際的に課題となっています。
 

2 プラスチック問題の概要

◆ 現状
  ・日本の1人当たりのワンウェイ※1プラスチック容器包装廃棄量は世界で2番目に多いと言われています。※2
  ・金属等の他素材と比べて有効利用させる割合は、日本では一定の水準に達しているものの、世界全体では未だ低いと
   言われています。※2
 ◆ 地球温暖化の問題
  ・プラスチックは、燃やすと地球温暖化の原因となる温室効果ガス(CO2)が多く発生します。
   温暖化は猛暑や記録的な豪雨など、地球規模の気候変動を引き起こすとされています。
 ◆ 資源枯渇の問題
  ・プラスチックの原料である石油資源は有限であり、不要なプラスチックを使用することは、資源の枯渇につながります。
 ◆ 海洋汚染の問題
  ・世界全体で年間数百万トンを超えるプラスチックが陸上から海洋へ流出していると推計されています。※3
   また、このままでは2050年までに魚の重量を上回るプラスチックが海に流出すると予想されています。
※1 ワンウェイとは、通常一度使用した後にその役目を終えることをいう。
※2 「Single-use plastics: A roadmap for sustainability」(国連環境計画、2018年)  
※3 「THE NEW PLASTICS ECONOMY RETHINKING THE FUTURE OF PLASTICS」(エレン・マッカーサー財団、2016年)。 
 

3 私たちにできること

私たちの生活に多大な利便性と恩恵をもたらしているプラスチックは生活に欠かせないものです。まずは、私たち一人ひとりができることを実践していきましょう。
◆ ごみを出さない・・・・・・・・・マイバッグやマイボトルを持ち歩く、使用後のプラスチックは再利用又はリサイクルする
◆ ごみを適切に管理、処分する・・・分別ルールを守って決められた日に決められた場所に適切にごみを出す                          ◆ 環境に優しい製品を選ぶ・・・・・バイオプラスチックを使用した環境に配慮したプラスチック製品を購入する
◆ ポイ捨てをしない・・・・・・・・外出先などでごみ箱ががない場合は、自宅に持ち帰るなど適切に処分する
◆ ごみを拾う・・・・・・・・・・・地域の美化活動、環境保全活動に積極的に参加する

4 国のプラスチック問題の取組

資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化、アジア各国による廃棄物の輸入規制等の幅広い課題に対応するため、「プラスチック資源循環戦略」を策定しています。詳細は、上記のリンクからご確認ください。
 

5 熊本市のプラスチック問題の取組

熊本市はNGOやプロスポーツチーム、飲食物販売業者と協力し、スポーツイベントやNGOが主催するイベント会場において、飲食物を購入する際に市が指定するバイオプラスチック製リユースカップを持参した方に1回の購入につき50円の割引を行う事業を行っています。詳細は、上記リンクからご確認ください。
 

6 他市町村(連携中枢都市圏※1)のプラスチック問題の取組

※1連携中枢都市圏とは、 地方圏において、昼夜間人口比率おおむね1以上の指定都市・中核市と、社会的、 経済的に一体性を有する近隣市町村とで  
  形成する都市圏のことをいう。「熊本連携中枢都市圏」構成市町村は、熊本市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、阿蘇市、合志市、美里町、玉東 
  町、大津町、菊陽町、高森町、西原村、南阿蘇村、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町、山都町
  

7 参考:プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律の策定

 令和4年(2022年)4月1日に、製品の設計からプラスチック廃棄物の処理までに関わるあらゆる主体におけるプラスチック資源循環等の取組を促進するため、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」別ウィンドウで開きます(外部リンク)が施行されました。
 新しい法律は、各主体がプラスチックの3R+Renewable(再生材、バイオプラスチック※1等への変換)に取り組みやすい環境を整え、プラスチックの資源循環を促進することを目的としています。
※1 バイオプラスチックとは、植物由来の資源(バイオマス)を原料とする「バイオマスプラスチック」と微生物等の働きで最終的に二酸化炭素と水に分解されるする「生分解性プラスチック」の総称のことをいう。










 





このページに関する
お問い合わせは
(ID:13419)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved