大津町ホームページ総合トップへ

アニサキスによる(寄生虫)による食中毒に注意しましょう

最終更新日:
 

アニサキス(寄生虫)による食中毒にご注意ください

    令和4年6月24日(金曜日)、県内においてアニサキス(寄生虫)による食中毒が発生しました。

  全国でも発生しており、年間400人程度の患者が出ています。

 

 

アニサキス食中毒とは 

 ◎寄生虫(線虫)の一種で、サバ、イカなどの魚介類に寄生します。

  長さ2~3cm、幅0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。

 ◎アニサキスが寄生している生鮮魚介類を生(不十分な冷凍又は加熱のものを含む)で食べることで、アニサキスが胃壁や腸壁に入り込み、食中毒を引き起こします。

 ◎食後数時間~数日後に激しいみぞおちの痛み、悪心、嘔吐、激しい下腹部痛、腹膜炎症状などを生じます。

 

食中毒を予防するために

 ◎魚を購入する際は、新鮮な魚を選びましょう。丸ごと1匹購入した際は、速やかに内臓を取り除いてください。

 ◎内臓を生で食べないでください。

 ◎目で確認して、アニサキスを除去してください。

 ※一般的な料理で使う食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキスは死滅しません。

 

さらに詳しい情報は厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:12231)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved