大津町ホームページ総合トップへ

大津町戸建木造住宅耐震診断士派遣事業について

最終更新日:
「大津町戸建木造住宅耐震診断士派遣事業」
               

1.本事業で行う耐震診断

 本事業の耐震診断は、「一般診断法」により住宅が本来もっている耐震性を明らかにするものです。外観や床下・天井裏などを目視により調査するもので、壁の引き剥がしなどは行いません。目視調査が困難な部分は、調査を行った主要な部分から類推により評価を行う診断方法です。

 ※熊本地震で壊れた部分の補修を目的に調査するものではありません。

 

2.補助の対象者

 次の全てに該当するもの

 ・住宅の所有者

 ・町税を滞納していない者

 

3.事業の対象となる住宅 

 次の全てに該当するもの

 ・大津町内にある、人が住んでいる又は住む見込みがある戸建木造住宅

  (併用住宅の場合、店舗等の床面積が延べ面積の2分の1未満のもの)

 ・在来軸組構法、枠組壁工法又は伝統的工法によって建築された地上階数が3以下のもの

 ・昭和56年5月31日以前着工したもの又は書面により平成28年熊本地震により罹災したことが確認できるもの

 ・原則として、建築基準法に係る違反のないもの

 ・過去にこの事業又は他の事業による補助金の交付を受けて耐震診断をおこなっていないもの

 

4.診断に要する費用

 本事業においては、指定派遣機関が選定した耐震診断士を大津町から派遣します。

 1戸につき、5,500円です。(図面の有無に関わらず定額です。)

 ※別途、振込手数料が必要です。

 ※耐震診断に要する費用の5,500円を振り込まれた後に、本事業を辞退する場合または現地調査で事業対象外と判断された場合についても、耐震診断に要する費用の返還はできませんのでご了承ください。

 

5.申請について 

 ・受付期間 令和3年4月15日(木曜日)~令和3年9月30日(木曜日)

 ※申込み期間中でも募集戸数に達した場合は受付を終了します。

 ・受付場所 都市計画課 建築係

 

6.提出書類  

 申請時

 様式 

   1.大津町耐震診断士派遣申込書 

   2.住宅の図面(各階平面図)、建築確認通知書の写し

    ※まずは、住宅の図面をお探しください。

    ※住宅の図面は、建築確認通知書と一緒に綴じてあることが多いようです。

    ※図面がなくても申込みはできます。

 

   3.住宅の外観写真

    ※住宅の外観写真(2方向以上)を現像してください。

    ※写真は、コピー用紙にプリントしたもので構いません。

   4.罹災証明書の写し

    ※昭和56年6月1日以降に建てられた住宅の場合

    ※罹災証明書を取得していない場合は、被害状況がわかる写真と罹災報告書又は被災状況確認証明書を提出

 

 

 提出書類の様式(上記表中書式以外)

 

7.事業の流れ


 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10721)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved