大津町ホームページ総合トップへ

有害鳥獣による農作物被害について

最終更新日:
 

有害鳥獣被害を地域ぐるみで防ぎましょう!

 イノシシ、シカ、カラスなどによる農作物被害は営農意欲の減退や耕作放棄、離農の増加につながる深刻な問題です。地域の皆様のご尽力、有害鳥獣捕獲隊等関係機関の連携により、有害鳥獣被害対策に取り組んでいますが、今後も継続的に取り組む必要があります。

 具体的な対策として、
(1)農作物を守る防護柵や電気柵を用いての【侵入防止】
(2)誘因物の除去や、緩衝帯を設ける【土地の適正管理】
(3)町長から有害鳥獣捕獲隊員として任命を受けた者による【捕獲】

を同時に取り組んでいくことが大切です。なお、(3)【捕獲】については、(1)【侵入防止】(2)【土地の適正管理】を実施しても被害が止まらない場合に行う、最終手段となります。地域の皆様には次のような【土地の適正管理】を行って頂き、有害鳥獣が出没しにくい環境づくりをお願い致します。

〇地域の草刈を行い、「有害鳥獣が隠れられない」、「人が居るのが見える」状態にする。
〇収穫されていない柿や栗などの果樹は、地域で協力して、出来るだけ伐採・採取する。
〇廃果・残飯などは有害鳥獣のエサとならないよう堆肥化する、土中に埋める、ごみ収集日に出すなど、適切に処理する。
〇お墓のお供え物は、お参りが終わったら持ち帰る。  など

~一人ひとりが力を合わせ、地域ぐるみで日常的に対策をとることで有害鳥獣の出没しにくい地域にしましょう!~

 

有害鳥獣被害を受けている皆様へ

上記(1)、(2)の対策を実施しても被害が止まらない場合は、お気軽に農政課へお問い合わせください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10451)

大津町

大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  
[開庁時間]月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
ページトップへ

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved