大津町ホームページ 防災サイトトップへ

こころの健康について

最終更新日:

 大変重いストレスにさらされると、程度の差はあっても誰でも、不安や心配などの反応があらわれます。まずは休息や睡眠をできるだけとるようにしましょう。

これらの不安、心配の多くは時間の経過とともに回復することが知られています。 

 被災された方へ 

○お互いにコミュニケーションをとりましょう

○誰でも不安や心配になりますが、多くは徐々に回復します

○眠れなくても、横になるだけで休めます

○つらい気持ちは「治す」というより「支えあう」ことが大切です

○ 無理をしないで、身近な人や専門家に相談しましょう 

 周りの人が不安を感じているときには

○そばに寄り添うなど、安心感を与えましょう

○目を見て、普段よりもゆっくりと話しましょう

○短い言葉で、はっきり伝えましょう

○つらい体験を無理に聞き出さないようにしましょう

○「こころ」にこだわらず、困っていることの相談に乗りましょう

 特に子どもについては、ご家族や周囲の大人の皆様はこのような事に気をつけましょう

○ できるだけこどもを一人にせず、安心感・安全感をあたえましょう

○抱っこや痛いところさするなど、スキンシップを増やしましょう

○赤ちゃん返り・依存・わがままなどがあらわれます。受け止めてあげましょう 

  

厚生労働省HP こちら  

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6352)
大津町役場  法人番号 2000020434035
〒869-1292  熊本県菊池郡大津町大字大津1233    Tel:096-293-3111   Fax:096-293-4836  

Copyrights(c)2018 ozu-town All Rights Reserved