Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

概要

 

 江藤家住宅は、大津町に散在する江戸時代の「在御家人」(郷士)の住宅の中でも、最も大型、かつ建築年代の古いものの一つです。
主屋は文政13(1830)年の建築で敷地の中央西寄りに南面して建ち、周囲には長屋門、馬屋、中の蔵、裏門があります。
 住宅は、白川北岸の肥沃な田園を基盤とした豪農民家としての面と、次第に成長してきた武家屋敷としての面を併せ持っています。
内部は、座敷部を中心に幕末の優れた細川藩御用絵師や職人の手による贅を尽くした床飾りや障壁画があります。
 長屋門や蔵などの付属建築にも江戸から明治にかけての建設と思われるものがよく残されており、南正面の庭園の自然の川石を集めた石組みや、県下にあまり例を見ないナギとモッコクの古木が一層の豪華さと落ち着きをみせています。

座敷部正面の写真座敷部正面

創建当初の平面

創建当初の平面図