Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホームお知らせ新たな住まいの再建支援策(民間賃貸住宅入居支援・転居費用助成)

新たな住まいの再建支援策(民間賃貸住宅入居支援・転居費用助成)

 
  熊本地震の被災により住家に被害を受けた世帯に対し、民間賃貸住宅入居のための初期費用・新しい住まいへの転居費用を助成します。

 (1)民間賃貸住宅入居支援助成金

 熊本地震のため大津町の住居が被災し、応急的な住まいへの居住を余儀なくされた方が、住まいの再建先として民間賃貸住宅に入居した際に要した初期費用を定額で助成します。
 
【対象者】
 
次のいずれかに該当し、熊本県内の民間賃貸住宅(同一物件に正式入居する場合も可)へ移転した方
  ア みなし仮設住宅や仮設団地等に入居されている方
  イ 全壊、大規模半壊のり災証明書の交付を受けた方
  ウ 半壊のり災証明書の交付を受け、自宅を解体した方
 注1 公営住宅や社宅・官舎・寮などは含まれません。
 注2 みなし仮設住宅の契約中は対象となりませんが、そのまま住まいの再建先
       として新たに契約(二者契約)された場合は対象となります。

  【助成額】
  一律20万円

 ※「り災証明書」上の世帯が対象となります。1世帯につき1回限りの申請です。
   ただし、り災証明書の交付を受けた複数の世帯が、同一の民間賃貸住宅に 
  入居した場合は、ひとつの世帯とみなします。 

 
【提出書類】
  (1)交付申請書( ワード形式 19KB )(PDF形式 86KB )
  (2)り災証明書の写し
  (3)住民票の写し(世帯全員の続柄が記載されたもの)
   (4)再建先の入居に関する契約書等の写し(賃貸契約書など)
    ※契約者名、契約日、入居住所等の情報が分かる部分
  (5)請求書(ワード形式 21KB )(PDF形式62KB )
  (6)り災区分が「半壊」世帯の場合は、被災した住宅の解体証明書の写し
    ※入居に要した費用(礼金、仲介手数料等)は不要です。
  

(2)転居費用助成金

 【対象者】
 次のいずれかに該当し、熊本県内で自宅再建・購入、公営住宅や賃貸住宅等へ移転した方
  ア みなし仮設住宅や仮設住宅等に入居している世帯で、供与期間中に退去し
   た方(供与期間が延長になった場合は、延長期間内に退去した方)
  イ 全壊、大規模半壊のり災証明書を受けた方
  ウ 半壊のり災証明書の交付を受け自宅を解体した方 

【助成額】 
  一律10万円
    以下の場合には対象とはなりません 
 
   
 ※1 みなし仮設住宅の入居者で、供与期間終了後に移転することなく同一
       物件にそのまま居住する方。
    ※2 みなし仮設及び仮設住宅以外に居住する方で自宅補修のための補助 
       金等を受けた方


 【提出書類】 
  (1)交付申請書(ワード形式 18KB) (PDF形式 86KB
 )
  (2)り災証明書の写し
  (3)住民票(世帯全員の続柄が記載されたもの)
  (4)再建先の入居に関する契約書の写し(建築請負契約書、賃貸契約書など)
   ※契約者名、契約日、入居住所等の情報が分かる部分)

   (5)請求書(ワード形式 20KB )(PDF形式 62KB )
  (6)り災区分が「半壊」世帯の場合は、被災した住宅の解体証明書の写し
   ※転居費用の領収書は不要です。

申請方法

 再建した住宅に入居後、必要書類を役場 住民課住宅係まで提出してください。
 申請には印鑑(認め印)をご持参ください。ただし、シャチハタは使用できません。

申請期間

  期間     平成29年12月20日(水)~平成32年2月末(予定) ※土日、祝日を 
         除く
  受付時間  8時30分~17時15分

その他留意事項

・住まいの再建先は熊本県内に限ります。
 り災した住宅から親戚宅等の応急的な住まいに居住した後、新たな住まいの再建先に移転し
 た場合も対象となります。(ただし、条件ア・イ・ウのいずれかに該当しなければなりません。)
・平成29年12月20日より前に転居が完了している方も対象となります。

お問い合わせ
大津町役場 住民課 住宅係
電話:096-293-3112
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:jyumin@town.ozu.kumamoto.jp