Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホームお知らせ【お知らせ】災害廃棄物仮置き場の変更について

【お知らせ】災害廃棄物仮置き場の変更について

 

現在、仮置きを行っている室仮置き場(永井運送敷地内)がいっぱいになりましたので、1114日からは矢護川仮置き場に再度移転します。

受付では必ず、搬入許可証の提示をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

●搬入許可証の申請に必要なもの

 り災証明(原本)  印鑑(認め可) 本人確認の身分証明書(運転免許証、保険証等) 

 

●受入時間  月~土(祝日、日曜日は休止)   午前9時~午後4時まで

●受け入れる廃棄物  必ず分別して仮置き場に持ち込んでください 

1.解体木(倒壊した家屋などの柱など木の部分)

2.倒壊した家屋などの壁→以下の38を参照してください。
3
.ボード、スレート、サイディング壁、ビニル床タイル等

アスベストを含んでいる可能性があるので、必ずフレコンバックに入れて、割らずに置いてください。

  平成28年11月1日以降は、フレコンバックに入っていないものは受け入れません。
4
.木製の棚類
 ※ガラスは、できれば外して、ワレモノとして出してください。
5
.鉄、金物類(農機具、農業用機械等、事業用は不可。)
6
.ワレモノ(ガラス、磁器、鏡)

※割れたものに限ります(割れていないものは家庭ごみで)
 ※食品など中身は出して燃えるごみへ(悪臭やガスによる発火の原因)

※蛍光灯は、別に置いてください。
7
.焼き瓦、植木鉢、レンガ(レンガは瓦とは別の場所に置く)
8
.ガレキ、ブロック、セメント瓦、モルタル壁など(石は隣に置き場あり)
9
.太陽熱温水器(天日)、エコキュート
10.
タタミ(ござ、ねこぼくは受け入れる。カーペット不可。わら不可。)
11.
ウール系断熱材 

12.ルーフィング(屋根下の黒シート)

13.ソファ(マットレス可)

14.プラスチック類(家庭用プラスチック類、農業用プラスチック類は不可)

 ※家屋解体により生じるプラスチック製設備・構造物

(例:雨樋、波板、ユニットバス 等)

※浄化槽は、中を清掃していないものは、受け入れていません。

15.生木(解体にあたりやむを得ず庭木を撤去する場合に限定。根不可。)                        

16.土壁

17.竹(納屋の壁材、床材に使用されていたものに限る)

18.家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは他の家電類と別に置く)

19.紙・ビニールクロス紙(解体に伴うもので、フレコンバックに入れること)

※混在ごみ(分別しきれないものだけ)       

 

【仮置き場に置けないもの】(例)

(1)燃えるごみ

 家庭用の燃えるごみの他、ふとん、カーペット類、CD、カセット等も燃えるごみなので、受け入れていません。
 町指定袋(赤色)に入れば、週2回の「燃えるごみの日」に出してください。町指定袋に入らない場合は、月1回の「粗大ごみの日」、または「東部清掃工場」に直接お持ちください。 

(2)資源ごみ、不燃ごみ

 資源ごみ(家庭用のスプーン・包丁といった小型金属類、割れていないビン、缶類、衣類、本・雑誌・紙類等)、家庭用プラスチック類、ペットボトル、不燃埋立ごみ(割れていない食器・ガラス類、自転車、チャイルドシート、かさ等)も受け入れていません。
 家庭ごみとして、それぞれ指定された日に町指定袋(透明、緑色、黄色)で出してください。町指定袋に入らない場合は、月1回の「粗大ごみの日」、または「環境美化センター」に直接お持ちください。

★必ず分別してお持ちください。

★積んだ荷物が途中で落ちることがないようにしてください。

★みなさまのご協力をよろしくお願いします。 

 

 

お問い合わせ
大津町役場 環境保全課 環境保全係
電話:096-293-3113
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kankyou@town.ozu.kumamoto.jp