Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホーム暮らしのガイド生活環境ごみを出すときのルール

ごみを出すときのルール

ごみを出すときのルール

分別を徹底してください。
粗大ごみ、特定ごみ以外は指定袋に、特定ごみは透明の袋に入れてください。
収集日当日の朝午前8時30分までに出してください。
町内会等で決めているステーションに出してください。
(他の地域のステーションには出せません。)
ステーションは、自分たちの手できれいにしましょう。

美しい街を創るために

 環境問題が盛んに叫ばれている現在、私たち一人一人が身近に取り組むことができる、最も深刻な問題として「ごみ」問題があります。「ごみ」が増えれば、それだけ原料となる地球の資源を消費していることになります。限りある資源をリサイクルする循環型社会を築くことにより、かけがえのない地球を美しいままで、未来の子供たちへ引き継ぐことができます。「ごみ」も、出す前にもう一度考え、気を配ることにより、「資源」として生まれ変わるのです。私たちの暮らすこの町が「より住みよい美しい街」になるよう、お互いが協力しあいながら、「ごみ」の分別について気をつけたいものです。

 日本容器包装リサイクル協会からリサイクル資源について紹介されています。

「わたしのまちのリサイクル ~分けた資源はどうなるの?~」


1. 可燃ごみ【指定(赤袋)】

1週間に2回 指定袋(赤色)で出してください。
台所ごみ、資源物にならない紙布類・プラスチック類が主な対象品目となります。
木製品、枝類および木片については、直径10センチメートル以内・長さ50センチメートル以内にして出してください。

2. ビン類・缶類(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
ビン類・缶類は一緒の袋に入れてかまいません。
ビン類・缶類の中をきれいに洗って出してください。
空びんのふたでプラスチック製は資源物(プラスチック類)へ、金属製は不燃ごみで出してください。
スプレー缶は、穴を開けて出してください。(塗料用のスプレー缶は販売店等に引き取ってもらうか、使い切って環境美化センターへ直接持ち込んでください。)
4リットルを超える缶は、小型金物の分類になります。

3. 小型金物類・小型廃家電(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
指定袋に入る小型金物(なべ、やかん、ナイフ、トースター、アイロン、電気釜、ガステーブル等)です。

4. 新聞、チラシ(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
ひもでくくって指定袋(緑色)に入れて出してください。

5. 雑誌、その他紙製容器包装(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。

雑誌、電話帳、包装紙、菓子箱等です。(食べ物等が付着し、汚れているものは、可燃ごみに出してください!)

6.布類(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
革製品、ビニール、毛糸、綿が混入したもの、下着、靴下は可燃ごみです。

7.ダンボール(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
開いてひもでくくって指定袋(緑色)で出してください。

8.牛乳パック(資源物)【指定(緑袋)】

1ヶ月間に1回 指定袋(緑色)で出してください。
開いて洗って、乾燥させてから、ひもでくくり、指定袋(緑色)で出してください。できるだけスーパーなどの回収ボックスをご利用ください。

9.ペットボトル(資源物)【指定(透明)】

1ヶ月間に1回 指定袋(透明)で出してください。
キャップとラベルを取りはずし、中を洗って出してください。キャップとラベルは資源物(プラスチック類)に出してください。

10.白色トレイ・発泡スチロール(資源物)【指定(透明)】

1ヶ月間に1回 指定袋(透明)で出してください。
両面が白色の食品トレイと発泡スチロールです。(有色トレイはプラスティック類です。)
トレイについては、きれいに洗って出してください。

11.プラスチック類(資源物)【指定(透明)】

1週間に1回 指定袋(透明)で出してください。
プラスチックのリサイクルマークのついているものの他、プラスチック製品はすべて対象になります。
ボトルやチューブ類等は、中身を必ず使い切って、軽く水洗いをして、ふたを外したまま出してください。
必ず指定袋(透明)に氏名の記入をしてください。
プラ分別収集チラシ(PDF:972KB)

12.粗大ごみ【証紙(ステッカー)】

1ヶ月間に1回 所定の証紙(ステッカー)を粗大ごみに貼って出しください。

※予約制です。(受付は、粗大ごみ収集日の前日午後3時までとなっています。)

粗大ごみの収集は、環境保全課にお問い合わせください。
指定された日に自宅前での収集となります。
粗大ごみとは、原則として指定袋に入らない大型のものです。

13.不燃ごみ【指定(黄色)】

1ヶ月間に1回 指定袋(黄色)で出してください。
陶磁器、ガラス製品、かさ、ビンのふた(金属製)など
必ず指定袋(黄色)に氏名の記入をしてください。記入なしは収集しません。

14.特定ごみ【市販(透明)】

廃乾電池
◎埋立ごみを出す日に市販の透明な袋に入れて不燃ごみと別に出してください。
◎家庭で使用した廃乾電池に限ります。
◎ボタン電池、充電式電池は販売店等に引き取ってもらいましょう。
廃蛍光管
◎新聞紙等に包むか、元のケースに入れて割れないように工夫して出してください。(中に入っている水銀等の有害物質の飛散を防止するため)

水銀体温計、水銀血圧計

  ◎家庭で使用したものに限ります。

携帯電話 


15.その他

引越しなどで一時的に多量のごみが出た場合は、大津町の許可を受けた収集業者に依頼することができます。
事業所の方は、一般廃棄物については排出者自らの責任で処理をするか収集業者に委託しなければなりません(廃棄物処理法)。
 
  大津町が許可した一般廃棄物処理業者(PDF 207KB )
お問い合わせ
大津町役場 環境保全課 環境保全係
電話:096-293-3113
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kankyou@town.ozu.kumamoto.jp