Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホーム暮らしのガイド生活環境家庭の「ごみ分別区分」

家庭の「ごみ分別区分」

町が収集、組合が処理を行うごみ

分別区分   代表的な品目例 出し方の注意
(1)可燃ごみ 台所ごみ 料理くず、残飯、お茶がら、貝殻、固めた食用油 ・水切りは十分に!
紙布類 紙おむつ(汚物は取り除く)、ビニール加工がしてある本、汚れた紙や布、ぬいぐるみ、帽子、かばん、ベルト、衣類(綿および毛糸の混入したもの) ・金属類は取り除く
・布類は50センチメートル四方以内に
木くず類 木製の履物、木片、竹片、小さな木製箱、木工製品 ・直径10センチメートル以内のものを、長さ50センチメートル以内に切断して出す
プラスチック類
(資源物以外のもの等)
マヨネーズ・ソース等のチューブ、はみがき粉・クリーム等のチューブ、 食用油のボトルなどで、洗っても中身が残っているもの ・マークありで容器の中身がなくきれいなものは資源物へ
革製品 帽子、くつ、ベルト、かばん ・金属類は取り除く
資源物 (2)ビン類・缶類 空きビン ジュース瓶、洋酒瓶、ドリンク瓶、廃品回収に出せない空き瓶 ・スプレー缶は必ず穴を開ける
・中は洗ってふたを外して出す
空缶 ジュース缶、菓子缶、缶詰、食用油缶、スプレー缶(必ず穴を開ける)、その他金属缶
(3)小型金物類 金物 なべ、やかん、フォーク、ナイフ、皿、コップ ・指定袋に入るものに限る
・火薬製のものは、危険ですので絶対に出さないこと
廃家電 電気プレート、アイロン、ガスコンロ、レンジ、トースター
(4)新聞・チラシ 古紙 新聞紙、折込みチラシ ・50センチメートル以内で十字にくくる
・雨の日は次の収集日に出すか、ぬれない工夫をする(ぬれたものは資源として再利用できません!)
(5)雑誌・その他
  紙製容器包装
雑誌、電話帳、包装紙、菓子箱類
(6)布類 古布 衣類(綿および毛糸の混入したものは可燃ごみへ)、毛布
(7)ダンボール 古紙 ダンボール ・雨の日は次の収集日に出すか、ぬれない工夫をする(ぬれたものは資源として再利用できません!)
(8)牛乳パック アルミ等でコーティングされているものは可燃ごみへ ・はさみで切り開き、水洗いし、乾燥させて、紐で十字にくくって出す(原形のままでは資源として再利用できません!)
(9)ペットボトル 飲料用(ジュース、お茶、ミネラルウォーター)に限る ・キャップ・ラベルを外して中を洗って出す
・キャップ(金属製)は埋立ごみ
・キャップ(プラスチック製)は資源物(プラスチック類)
(10)白色トレイ・
   発泡スチロール
白色トレイについては、両面が白色の食品トレイに限る ・きれいに洗って出す
(食品が付着したままのものは資源として再利用できません)

(11)プラスチック類
   (マークのあるものの他、プラ
スチック製品はすべて)

マヨネーズ・ケチャップ・たれ・つゆ・ドレッシング等の容器、洗剤・シャンプー・化粧品等の容器、お菓子・冷凍食品の袋、お菓子の包み、有色トレイ(両面が白色以外のトレイ)、 プラスチック製のフタ、おもちゃ・バケツ等のポリ容器 ・食べ物等が付着しているものは、軽く洗い流す
・マヨネーズ・ケチャップ・はみがき粉等のチューブ類、食用油の容器は中身をきれいに洗って内容物を落として出す
(12)粗大ごみ
   (指定袋に入らないもの)
可燃性 木製のもの(たんす、テーブル、つくえ、本棚、下駄箱)、畳、じゅうたん、布団 ・幅1.5メートル、長さ2.0メートル、高さ1.0メートル以下に切断して出す
・粗大ごみ(可燃性)の金具類や鏡は、取り外して出す
不燃性 自転車、とたん、ブリキ
(13)不燃ごみ ガラスビンなど 窓ガラス、板ガラス、耐熱ガラス
(灰皿、レンジ容器、ポット、魔法ビン、ガラス鍋)
・必ず、指定袋(黄色)に氏名の記入をしてくだい
※記入なしは収集しません!
陶磁器 茶碗、湯のみ、植木鉢
金属類 ビンのふた
その他 かさ、電気毛布、電気カーペット
(14)特定ごみ 廃乾電池 ボタン電池、充電式電池を除く ・不燃ごみの日に透明な袋に入れて別に出す
廃蛍光管 直型、丸型(電球は除く) ・新聞紙等に包むか、元のケースに入れて、割れない工夫をして出す
 水銀体温計、水銀血圧計    
 携帯電話    

ステーションに出せないごみ(町が収集しないごみ)

分別区分 代表的な品目例 出し方の注意
事業活動で発生するごみ 事業所、店舗等からの一般廃棄物 ・自分で清掃工場または環境美化センターに持ち込むか、町から許可を得た一般廃棄物収集運搬業者に依頼する
家庭から一時的に大量に
出たごみ
引越し、大掃除によって出たごみ
家電リサイクル法の対象
となる機器
エアコン、テレビ、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機及び乾燥機 ・家電品販売店に引き取ってもらう
※販売店が廃業、引越し等で近くにない場合は役場にご相談ください
パソコン ディスクトップ本体、ディスプレイ(ブラウン管式または液晶式)、ノートブックパソコン

・製造・販売メーカーに回収を申し込むかパソコン3R協会(03-5282-7685)へ問い合わせる 

組合で処理できないごみ

  分別区分 代表的な品目例 出し方の注意
有害性のあるごみ

硫酸、硝酸等の劇薬、殺虫剤、消毒剤等の農薬、化学薬品、その他有害性のあるもの 

・その物を取り扱っている販売店、製造業者等に引き取ってもらうか、専門業者に処理を委託する
危険性のあるごみ 日本刀、銃弾、バッテリー、ガスボンベ(穴をあけたカセットコンロ用を除く)、消火器、その他危険性のあるもの
引火性のあるごみ 灯油、シンナー、廃油、オイル、塗料、その他引火性のあるもの
著しく悪臭を発するごみ おむつ等の汚物、その他著しく悪臭を発するもの
・汚物はトイレに流す
特別管理一般廃棄物 感染性医療廃棄物
エアコン、テレビ及び電子レンジに含まれるPCB部品

・感染性廃棄物は、専門許可業者に処理を委託する
PCB部品は、製造業者により同部品の除去を受ける
その他 ゴム 廃タイヤ、ベルトコンベヤ等 ・その物を取り扱っている販売店、製造業者等に引き取ってもらうか、専門業者またはスクラップ業者に処理を委託する
(A)取り除いた金属類等→環境美化センター
(B)木製のベッド・いす・マットレスの布→東部清掃工場へ
金属 ドラム缶、自動車関係部品、ピアノ、バイク、金庫(手さげ金庫を除く)、農機具類、エンジン、鉄塊(鉄アレイ、金属工具)、ワイヤー、鋼鉄類(棒鋼、ガス管、足場用番線の束、L40×40以上)、電気温水器、太陽熱温水器、電動機(家電製品以上)、流し台、その他幅1.5m長さ2.0m高さ1.0mを超える金属製品
缶類 線虫消毒薬・毒薬・塗料缶・オイル等の入っていた空き缶 ・その物を取り扱っている販売店、製造業者等に引き取ってもらうか、専門業者処理を委託する
木製品類 幅1.5m長さ2.0m高さ1.0mを超える木製品   
木竹片

 直径10cmを超えるもの

長さ2.0mを超えるもの 

 
家屋・解体に
係る物
家屋解体・改造に係る廃材、わら、かわら、ブロック、基礎石、コンクリート、基礎石、コンクリート等のガレキ ・産業廃棄物処理業者に処理を委託する
畑山等のごみ 畑山等で生じたもの(木の根、竹の根、わら等) ・搬出者自ら処理する
動物の死骸 実験した動物  
産業廃棄物   ・産業廃棄物処理業者に処理を委託する
 
 

ごみを持ち込む場合

区分 搬入先 搬入時間
●可燃ごみ
●粗大ごみ(可燃性)
 家具類
 木、竹片類
 じゅうたん類
 ふとん、たたみ
 ソファー        など
東部清掃工場
 大津町古城1046-2
 電話 096-293-5245
●【平日】
 午前8時30分~12時
 午後1時~~4時30分
●【土曜日】
 午前8時30分~12時
●【休み】
 日曜日・祝日・休日

●資源物
 ☆ビン類・缶類
 ☆小型金物類
 ☆新聞・チラシ
 ☆雑誌、その他紙製容器包装
 ☆布類
 ☆ダンボール
 ☆牛乳パック
 ☆ペットボトル
 ☆白色トレイ・発泡スチロール
 ☆プラスチック類

●不燃ごみ
●不燃性粗大ごみ(不燃性)

●特定ごみ
 廃乾電池
 廃蛍光管

 水銀体温計、水銀血圧計

 携帯電話         など

環境美化センター
 大津町大津北楽善115
 電話 096--293-1222
●【平日】
 午前8時30分~12時
 午後1時~4時30分
●【休み】
 土曜日・日曜日・祝日・休日

搬入上の注意

1. 資源物、粗大ごみ、不燃ごみ等を搬入されるときは、最高3回の計量をして頂きます。
2. 搬入量に応じて所定の手数料が必要です。
3. 可燃性粗大ごみ(縦2メートル以内、横1メートル以内、奥行1.5メートル以内の物かそれ以内に分解した物)は、金具やガラス類をはずして東部清掃工場へ搬入してください。

※4トン車以下に限ります。

料金

家庭系ごみ 50キログラム未満は 無料。
50~59キログラムは 250円。
これをこえるものは 10キログラムごとに50円。
(別途消費税はかかります。)
粗大ごみ 10キログラムにつき 100円
(別途消費税はかかります。)

ステッカー方式

  1. まず、役場環境保全課へお電話ください。氏名、電話番号をお伺いし、折返し収集委託業者から電話し予約受付を行います。
    電話 096-293-3113(直通)※粗大ごみ収集日前日の午後3時までに予約をお願いします。
  2. 町内にある町指定ごみ袋等取扱販売店より、粗大ごみ収集ステッカーを購入し、貼り付けます。
  3. 収集日の朝8時30分までに家の前に出してください。委託業者が収集します。

粗大ごみ1個当たりの収集手数料

・自転車 500円
・ストーブ
・ファンヒーター
500円
・木製ベッド 1,000円
・畳 高さ 90センチメートル未満 500円
・タンス
・食器棚類
高さ 90センチメートル以上 2メートル未満 1,000円
・マットレス 1,000円
お問い合わせ
大津町役場 環境保全課 環境保全係
電話:096-293-3113
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kankyou@town.ozu.kumamoto.jp