Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

地域生活支援事業について

 地域生活支援事業では、以下の事業を行っています。

 利用するには、事前に申請が必要なものがありますので、詳しくは福祉課の障害福祉係へお問い合わせください。 

事業名

対象者

内容

備考

1

相談支援事業

障害者またはその保護者、介護者など

相談に応じ、必要な情報提供などを行います。

○障害者相談支援センターさくら
(大津町地域包括支援センター内)
 ☎096-292-0114

2

成年後見制度利用支援事業

重度知的
障害者

重度精神
障害者

成年後見制度を利用することが有用であると認められる人に対し、成年後見制度の利用に要する費用のうち、成年後見制度の申し立てに要する経費(登記手数料、鑑定費用等)及び後見人等の報酬等の全部又は一部を補助します。

事前に役場への利用申請が必要です。

対象者は生活保護もしくは、収入等の状況が生活保護基準に該当する者に限ります。

詳しくはお問い合わせください。

3

意思疎通支援事業

聴覚、
言語機能、
音声機能、
視覚などの
障害者

意思疎通を図ることに支障がある人とその他の人の意志疎通を仲介するために、手話通訳や要約筆記、点訳等を行う者の派遣などを行います。
派遣対象は、社会生活上必要不可欠な手続きなどで市町村役場、福祉事務所などの公的機関・医療機関へ行く時、町内会の会合などの地域活動、学校の面談、その他個人の生活に関連することです。

申込方法
委託を受けた事業者(熊本県ろう者福祉協会)に直接派遣の申請をしてください。

詳しい申込方法は、熊本県ろう者福祉協会096-383-5587にお問い合わせください。

4

日常生活用具の給付等事業

障害者
難病患者など

日常生活の便宜を図り、福祉の増進に資することを目的として、自立支援用具等の日常生活用具を給付又は貸与します。
※詳細はこちら

日常生活用具の給付を受けるためには、事前に役場の窓口に給付申請を行うことが必要です。詳しい品目、対象者及び自己負担額は、役場にお問い合わせください。

5

手話奉仕員養成研修事業

手話奉仕活動を目指す人

聴覚に障害を持つ人の生活や社会環境の向上のため、日常生活で必要な手話の表現方法や技術を習得するための費用の一部を助成するものです。今年度から熊本県ろう者福祉協会に委託し、講座を開催しています。

講座の概要は次のとおりです。毎年4月に募集があります。

内容:入門課程(約15日程度)基礎課程(約25日程度)

 資格:高等学校卒業以上の学力があり、手話奉仕活動を目指す人

 その他:受講する場合は、受講料が必要です。

 問合せ:熊本県ろう者福祉協会096-383-5587

6

移動支援事業

身体障害者
知的障害者
精神障害者
難病患者など

屋外での移動が困難な障害のある人外出のための支援を行います。

事前に役場への利用申請が必要です。

事業名

対象者

内容

備考

7

地域活動支援センター事業

障害者など

地域活動支援センターに通う障害のある人に対し、創作的活動又は生活活動の提供、社会との交流の促進などの支援を行います。

【アンパ】
大津町陣内217-2
096-294-8288

8

訪問入浴サービス事業

身体障害者

居宅で常に寝たきりで、自宅で入浴することが困難な人に対し、移動入浴車での訪問で在宅の人に入浴サービスを提供するものです。

介護保険法に基づく訪問入浴介護を利用できる人は、対象者から除きます。事前に役場への利用申請が必要です。

9

日中一時支援事業

身体障害者
知的障害者
精神障害者
難病患者など

障害のある人に対し、日中の活動の場を確保します。

事前に役場への利用申請が必要です。

10

自動車運転免許取得助成事業

身体障害者
知的障害者
精神障害者
難病患者など

自動車運転免許の取得に要する費用の一部を助成します。

助成額・条件(事前申請です。)

免許の取得に直接要した費用の3分の2以内で10万円が限度です。

ただし、当該年度までに免許を取得できなかった人には助成ができません。

11

自動車改造助成事業

身体障害者
難病患者など

自動車の改造に要する費用の一部を助成します。

助成額・条件(事前申請です。)

申請者自らが運転するために必要と認められる自動車の改造に直接要した費用の3分の2以内で10万円が限度です。

 

お問い合わせ
大津町役場 福祉課  障害福祉係
電話:096-293-3510
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:fukushi@town.ozu.kumamoto.jp