Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

障害福祉サービスについて

サービスの内容(障害者、介護訓練等)

  サービスの内容は、介護を受けるための「介護給付」と、訓練等の支援を受けるための「訓練等給付」に分けられます。

○ 介護給付Q

 サービス名称  内容 
 居宅介護 自宅で入浴、排せつまたは食事の介護等を行います。
 重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で入浴、排泄、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います。
 同行援護 視覚障害により、移動に著しい困難を有する人に、移動に必要な情報の提供(代筆・代読を含む)、移動の援護等の外出支援等を行います。
 行動援護 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います。
 療養介護 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の支援を行います。
 生活介護 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排泄、食事の介護等を行うとと
もに創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
 短期入所 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排泄、食事の介護等を行います。
 重度障害者等
 包括支援
介護の必要性がとても高い人に、居宅介護など複数のサービスを包括的に行います。
 施設入所支援 施設に入所する人に、入浴、食事の介護などを行います。

  ※介護保険においてサービスが受けられる場合は利用ができません。

○ 訓練等給付

 サービス名称  内容 
 自立訓練 自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います。
 就労移行支援 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
 就労継続支援 一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識や能
力の向上のために必要な訓練を行います。
 共同生活援助 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。

○ 児童の利用について
サービスの種類(居宅介護や短期入所)によっては、児童においても利用できる場合があります。詳しくは健康福祉課へお問い合わせください。

サービスの内容(児童、療育等)

  療育が必要とされる児童については、療育の事業所を利用することができます。
利用するには、事前に町へ申請が必要です。

○ 障害児通所支援(療育支援)

 サービス名称  内容 
児童発達支援 手帳の有無にかかわらず、障がいの特性に応じて、身近な地域の障害児支援として、通所利用の障がい児やその家族に対する支援を行います。日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等の支援を行います。
医療型児童発達支援 手帳の有無にかかわらず、障がいの特性に応じて、身近な地域の障害児支援として、通所利用の障がい児やその家族に対する支援を行います。日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等の支援及び治療を行います。
放課後等デイ
サービス
幼稚園、大学を除く学校に就学している障がい児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、障がい児の自立を促進するとともに、放課後等の活動の場となります。
保育所等訪問
支援
現在利用中又は今度利用する予定の保育所、幼稚園、小学校その他の集団生活を営む施設において、集団生活の適応のための専門的な支援を必要とする場合に、安定した利用ができるよう当該施設を訪問し、支援を行います。

 手帳の有無にかかわらず利用できますが、療育が必要と認めるために、医師の意見書又は臨床心理士の意見書等が必要となります。 

○  療育支援を提供する事業所の一覧

児童発達支援事業所一覧(H29.9時点)(PDF 159KB )

放課後等デイサービス事業所一覧(H29.9時点)(PDF 188KB )

利用のしかた

 利用には、福祉サービス受給者証が必要ですので、まずは役場健康福祉課での手続をしてください。

 利用の流れ

 ○介護給付費の場合(PDF 28KB )

 ○訓練等給付費の場合(PDF 26KB )

 ○児童(療育)の場合(PDF 25KB ) 

利用にかかる費用について

 利用者の負担額は、原則として利用料の1割としています。ただし、世帯の収入や所得の状況により、月額上限額が設定されています。

 利用者負担月額上限額について(PDF 30KB ) 

計画相談支援について

 福祉サービスを利用するためには、相談支援員によるサービス利用計画案の提出が必要です。(これを計画相談支援といいます。)利用者は適正に、必要なサービスを受けるためのものですので、必ず作成がいります。

 相談支援事業所は利用者が自由に選択することができます。

  事業所名

 場所

 電話番号

 相談支援センター いちばん星 

 大津1233(包括支援センター内)  292-0114
 矢護川476(療育)  080-4938-8300
 つくしの里 相談支援センター  平川400番地  293-1550
 三気の里 相談支援事業所 たんぽぽ  森54番地2  223-8130

菊池圏域障がい福祉サービスについて

 菊池圏域地域自立支援協議会生活支援部会において「菊池圏域障がい福祉サービスについて」しおりを作成しましたので、下記のとおり掲載します。

 菊池圏域の各事業所について、支援内容等をまとめておりますので、参考にしてください。

利用申請について(PDF 138KB )

菊池圏域相談事業所(PDF 54KB )

菊池圏域事業所一覧(PDF 95KB )

就労継続支援A型事業所(PDF 2477KB )

就労継続支援B型事業所(PDF 954KB )

就労移行支援事業所(PDF 949KB )

生活介護事業所(通所型)(PDF 503KB )

自立訓練(機能訓練)(PDF 59KB )

自立訓練(生活訓練)(PDF 675KB ) 

施設入所支援(PDF 688KB )

グループホーム(PDF 2528KB )

短期入所(PDF 859KB )

居宅介護・同行援護・行動援護(PDF 35KB ) 

 

お問い合わせ
大津町役場 福祉課  障害福祉係
電話:096-293-3510
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:fukushi@town.ozu.kumamoto.jp