Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホーム暮らしのガイド健康・福祉障害者福祉補装具・日常生活用具の給付について

補装具・日常生活用具の給付について

障害手帳の交付を受けた人を対象に、日常生活の自立を助けるための用具の給付を行っています。
障害の種類や状態によって、給付を受けることができる用具が異なりますので、詳しくは福祉係へお問い合わせください。

  補装具費の給付

  日常生活用具の支給

補装具費の給付

補装具は身体障害者等の失われた身体機能を補完または代替する用具です。
身体障害者等の職業その他の日常生活の能率の向上を図ることを目的とします。
※介護保険における福祉用具のレンタルができる場合は、介護保険を優先します。

申請方法

申請には次の書類が必要です。
・申請書
・見積書
・補装具意見書・処方せん(杖の場合は不要)

自己負担額

費用の1割の負担があります。
補装具にはそれぞれ基準額があるため、それを超える費用は自己負担となります。

補装具の種目

障害の種類のほかに、障害等級などの要件があります。

障害の種類

種目

肢体不自由

義肢(義手,義足),装具,座位保持装置,車いす,電動車いす,歩行器,歩行補助つえ(カナディアン・クラッチ,ロフストランド・クラッチ,多点杖,松葉杖)
※18歳未満のみ座位保持いす,起立保持具,頭部保持具,排便補助具

重度の肢体不自由かつ音声・言語障害 意思伝達装置
視覚障害 盲人安全つえ,義眼,眼鏡(矯正眼鏡,遮光眼鏡,コンタクトレンズ,弱視眼鏡)
聴覚障害 補聴器
高度難聴用(ポケット型,耳かけ型),重度難聴用(ポケット型,耳かけ型),耳あな型(レディメイド,オーダーメイド),骨導式(ポケット型,眼鏡型)
難病患者等 車椅子、電動車椅子、歩行器、意思伝達装置、整形靴

日常生活用具の支給

日常生活用具は、障害者等の日常生活上の困難を改善し、自立や社会参加を支援する用具です。
※介護保険における福祉用具のレンタル、購入ができる場合は、介護保険を優先します。

申請方法

申請には次の書類が必要です。
・申請書
・見積書

自己負担額

費用の1割の負担があります。
用具にはそれぞれ基準額があるため、それを超える費用は自己負担となります。

日常生活用具の種目

給付対象となる日常生活用具は以下の通りです。対象者については、お問い合わせください。

 介護・訓練支援用具 自立生活支援用具
 特殊寝台  入浴補助用具  頭部保護帽  便器
 特殊尿器  T字状・棒状つえ  火災警報機  特殊便器
 体位変換器  移動・移乗支援用具  自動消火器  電磁調理器
 特殊マット  歩行時間延長信号機用小型送信機
 入浴担架  聴覚障害者用屋内信号装置  透析液加湿器
 移動用リフト  在宅療養等支援用具  ネブライザー(吸入器)
 訓練いす  電気式たん吸引器  盲人用体温計(音声式)
 訓練用ベッド  酸素ボンベ運搬車  盲人用体重計

 

情報・意思疎通支援用具   排泄管理支援用具  住宅改修費
 携帯用会話補助装置  点字器  ストーマ用装具  段差解消などの改修工事、居宅生活動作補助用具
 情報・通信支援用具  点字図書  紙おむつ等
 点字ディスプレイ  人工喉頭  収尿器
 点字タイプライター    
 視覚障害者用
(ポータブルレコーダー、活字文書読上げ装置、拡大読書器、盲人用時計)
 聴覚障害者用
(通信装置、情報受信装置)
お問い合わせ
大津町役場 福祉課  障害福祉係
電話:096-293-3510
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:fukushi@town.ozu.kumamoto.jp