Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

高額療養費の払い戻し制度

 1人の人が、1カ月(その月の1日から末日まで)の間に1つの医療機関での支払いが自己負担限度額を超えた額は申請されますと後で国保から払い戻されます。なお、食事代と保険適用以外の分は対象とはなりません。
また、一つの病院ごとに計算し、入院と外来は別計算となります。

70才未満の場合の自己負担限度額

所得
区分
 適用
区分 
 所得要件※1   自己負担限度額(月額)   4回目以降※2 
上位所得 所得901万円超 252,600円
+(総医療費-842,000)×1%
 140,100円
所得600万円超~
901万円以下
167,400円
+(総医療費-558,000)×1%
 93,000円
一般 所得210万円超~
600万円以下
80,100円
+(総医療費-267,000)×1%
 44,400円
所得210万円以下 57,600円   44,400円
低所得 住民税非課税 35,400円  24,600円

※    世帯内で同じ月内に21,000円以上の自己負担額を複数回支払った場合、それらを合算して計算します。
※1 所得とは、前年の総所得金額及び山林所得額並びに株式・長期(短期)譲渡所得金額等の合計から基礎控除額33万円を控除した額(ただし、雑損失の繰越控除額は控除しません。)のことです。 
※2 過去12か月間に、一つの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合

70才以上の人の場合の自己負担限度額(平成29年8月から)

所得区分 自己負担限度額(月額)
外来
(個人単位)
外来+入院 (世帯単位)
  3 回目まで  4 回目以降※1
現役並み所得

57,600円 

80,100円

+(総医療費-267,000)×1%

44,400円
 一般 14,000円※2   57,600円 44,400円 
低所得2 8,000円 24,600円
低所得1 8,000円 15,000円

 

 ※1 過去12か月間に、一つの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合

 ※2 一般区分・外来分の年間(8月~翌年7月)限度額は144,000円です。 

 平成29年7月以前の自己負担限度額は、こちらをご参照ください。 

所得区分は以下の通り分けられます。どれにも該当しない人は一般です。 

現役並み所得者:同一世帯に課税所得(各種控除後)が年額145万円以上の70才以上75歳未満の国民健康保険加入者がいる人です。
低所得者2 :世帯主と世帯全員が住民税非課税の人です。
低所得者1 :
世帯主と世帯全員が住民税非課税かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯の人です。

申請に必要なもの
領収証
国民健康保険証
印かん
世帯主名義の口座
お問い合わせ
大津町役場 健康保険課 国保・医療係
電話:096-293-3114
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kenkou@town.ozu.kumamoto.jp