Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

出産育児一時金について

 大津町国民健康保険の被保険者が出産したとき、出産育児一時金として42万円が世帯主に支給されます。ただし産科医療補償制度に加入している医療機関等で分娩した等の場合に限ります。それ以外の場合は40万4千円(平成26年12月31日までの出産の場合は39万円)です。
 なお、他保険から出産育児一時金の支給を受けられる方は、支給対象とはなりません。
 国保への加入が6ヶ月未満で、国保加入以前、1年以上継続して社会保険等の被保険者だった方が出産した場合は、以前加入していた社会保険等から支給される場合があります。

申請に必要なもの

 ● 国民健康保険証
 ● 印かん
 ● 直接支払制度を利用する旨の合意文書
 ● 医療機関等発行の出産費用がわかる証明書(領収・明細書)  
 ● 世帯主名義の口座

出産育児一時金直接支払制度について

 医療機関等の窓口において出産費用を支払う経済的負担を軽減することを目的としています。
出産予定の医療機関等と『直接支払制度を利用する旨の合意文書』を取り交わされることで、大津町国保から医療機関等に出産育児一時金を直接支払うことができる制度です。出産費用が42万円未満の場合は、その差額分を世帯主が国保に請求することができます。
直接支払制度を利用せず、従来の支払方法(出産費用を支払っての事後請求)の利用もできます。

差額請求申請に必要なもの

 ● 国民健康保険証
 ● 印かん
 ● 直接支払制度を利用する旨の合意文書
 ● 医療機関等発行の出産費用がわかる証明書(領収・明細書)
 ● 世帯主名義の口座

※ 制度の詳しい内容等につきましては、役場健康保険課国保・医療係までお問い合わせください。

お問い合わせ
大津町役場 健康保険課 国保・医療係
電話:096-293-3114
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kenkou@town.ozu.kumamoto.jp