Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホーム暮らしのガイド健康・福祉介護保険医療費控除(介護保険サービス)について

医療費控除(介護保険サービス)について

 自分自身や生計を共にしている家族のために医療費を支払った場合、自己負担額の合計が1年間で10万円または総所得金額の5%のいずれか少ない額を超えた場合、所得金額から一定金額の所得控除を受けることにより、所得税の軽減を受けることができます。これを医療費控除といいます。

 医療費控除のうち、介護保険サービス利用における自己負担額については、国からの通知 により、次のような取り扱いとなります。

 なお、医療費控除の詳しい解説は、「国税庁のホームページ」をご覧ください。

施設サービスにおける医療費控除の対象

1.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

 介護サービス費の自己負担額(サービス費の1割の額)の2分の1
 食費・居住費の自己負担額の2分の1

2.介護老人保健施設

 介護サービス費の自己負担額(サービス費の1割の額)
 食費・居住費の自己負担額

3.介護療養型医療施設

 介護サービス費の自己負担額(サービス費の1割の額)
 食費・居住費の自己負担額

注意事項

  • 医療費控除を受けるには、医療費控除の対象となる金額が明示され、事業者の押印がある、確定申告用の領収証が必要となります。
  • 特別な食費、特別な居住費は医療費控除の対象とはなりません。
  • 介護保険の高額介護サービス費が給付されている場合は、それぞれ自己負担額から高額介護サービス費を差し引いた額が対象となります。

居宅サービスにおける医療費控除の対象

1.自己負担額の全額が控除対象となるもの

 居宅サービス計画(ケアプラン)に基づいて居宅サービスを利用している方で、この居宅サービス計画の中に、次のいずれかの医療系サービスが位置づけられている方

(1) 訪問看護、介護予防訪問看護
(2) 訪問リハビリテーション、介護予防訪問リハビリテーション
(3) 居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導
(4) 通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション(食費も対象となります)
(5) 短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護(食費、居住費も対象となります)

注意事項

  • 医療費控除を受けるには、医療費控除の対象となる金額が明示され、事業者の押印がある、確定申告用の領収証が必要となります。
  • 特別な食費、特別な居住費は医療費控除の対象とはなりません。
  • 介護保険の高額介護サービス費が給付されている場合は、それぞれ自己負担額から高額介護サービス費を差し引いた額が対象となります。
  • 訪問看護と介護予防訪問看護については、老人保健法及び医療保険各法の訪問看護療養費の支給に係る訪問看護を含みます。

2.医療系サービスと併せて利用した場合に対象となるもの

 居宅サービス計画に基づいた居宅サービスであるとともに、上記1にあげた医療系の居宅サービスと併せて利用する次の福祉系サービスにかかる費用の自己負担額(サービス費の1割の額)が医療費控除の対象となります。

(1) 訪問介護(生活援助中心型は除く。)、介護予防訪問介護
(2) 訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護
(3) 通所介護、介護予防通所介護(食費は対象外です)
(4) 短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護(食費、居住費は対象外です)
(5) 夜間対応型訪問介護
(6) 認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護(食費は対象外です)
(7) 小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護(食費は対象外です)

【注意事項】

  • 医療費控除を受けるには、医療費控除の対象となる金額が明示され、事業者の押印がある、確定申告用の領収証が必要となります。
  • 特別な食費、特別な居住費は医療費控除の対象とはなりません。
  • 介護保険の高額介護サービス費が給付されている場合は、それぞれ自己負担額から高額介護サービス費を差し引いた額が対象となります。
  • 上記1にあげた医療系サービスにおける費用については、居宅サービス計画に基づくものか否かにかかわらず、利用者の自己負担額全額が医療費控除の対象となります。
  • 訪問介護は、身体介護が中心である場合と、通院のための乗車・降車の介助が対象です。

医療費控除対象外のサービス

 次の介護サービスは、医療費控除の対象とはなりません。

(1) 福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与
(2) 福祉用具購入費支給、介護予防福祉用具購入費支給
(3) 住宅改修費支給、介護予防住宅改修費支給
(4) ケアプラン作成、介護予防プランの作成
(5) 特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、ケアハウス等)
(6) 認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

お問い合わせ
大津町役場 介護保険課 介護保険係
電話:096-293-3511
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kaigohoken@town.ozu.kumamoto.jp