Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホーム暮らしのガイド健康・福祉介護保険介護サービス費用と利用のめやす

介護サービス費用と利用のめやす

 介護保険のサービスを利用するときは、かかった費用の1割を負担しますが、介護度に応じて利用額の上限(支給限度額)が決められています。
 なお、上限を超えてサービスを利用するときは、超えたサービス利用額は、全額自己負担となります。

在宅(居宅)サービス・介護予防サービスの費用

 利用者の負担は原則1割です。

要介護状態区分 1ヶ月の支給限度基準額
要支援1 49,700 円
要支援2 104,000 円
要介護1 165,800 円
要介護2 194,800 円
要介護3 267,500 円
要介護4 306,000 円
要介護5 358,300 円

 なお、次のサービスを使ったときの費用は、上図の支給限度額には含まれません。

●住宅改修費
●福祉用具購入費
●居宅療養管理指導
●認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
●特定施設入居者生活介護

 通所サービス、短期入所サービスを利用したときの食費や滞在費は、全額自己負担となります(平成17年10月以降)。

施設サービスの費用

 介護保険施設(3種類)に入所したときは、施設サービス費用の1割のほかに、居住費、食費および理美容などの日常生活費が、それぞれ全額自己負担となります。

施設の種類 1日あたりの利用者の負担額
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
施設サービス費用の1割の額
+居住費+食費+日常生活費
介護老人保健施設
(老人保健施設)
施設サービス費用の1割の額
+居住費+食費+日常生活費
介護療養型医療施設
(療養病床など)
施設サービス費用の1割の額
+居住費+食費+日常生活費

●利用者の負担額のなかで、居住費は居室の種類により異なります。
●要支援1、2と認定された方は、施設サービスを利用できません。

介護サービス利用者の負担軽減制度

●特定入所者介護(介護予防)サービス費(負担限度額認定) 
 介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保険施設、介護療養型医療施設)に入所した場合、または介護保険施設にショートステイ(短期入所)の場合、食費・居住費・日常生活費は原則自己負担となります。
 しかし、低所得者の人の施設利用が困難とならないように、介護保険施設に入所または短期入所(ショートステイ)を利用したときの1日の居住費(または滞在費)と食費について、利用者負担段階が第1段階から第3段階までの人(本人および世帯全員に住民税がかかっていない場合)には、負担限度額を設定し、自己負担を軽減しています。
 ただし、デイサービス、デイケアを除きます。

 申請をしていただく必要があります。申請は、介護保険施設に入所している人や短期入所(ショートステイ)を利用している人に限らず、在宅(自宅など)で生活している人や介護保険施設に入所する予定の人、短期入所をする予定の人もできます。
 役場介護保険係に申請書がありますので、本人の介護保険被保険者証と印かん(認め印可)、家族が申請する場合はその方(代理者)の印かん(認め印可)をお持ちください。その際、本人または代理者(家族の場合)の本人確認を行う場合がありますので、本人確認のできるもの(運転免許証など)もお持ちください。

 申請をしますと、申請日を基準にして減額の該当を確認し、該当する場合には認定証を送付しますので、入所施設に提示してください。
 認定期間は、原則として、認定する日の属する月の1日から直近の6月30日までとなります。7月1日以降も負担限度額認定を希望する場合は、6月に再度申請する必要があります(毎年本人および同一世帯者の収入状況、住民税課税状況に変動がありうるため。)。 

 なお、申請書については、大津町ホームページ「申請書ダウンロード(申請書一覧) 」にも掲載していますので、ごらんください。

利用者負担段階 段階別対象者
第1段階 老齢福祉年金の受給者で、本人および世帯全員に住民税がかからない場合
生活保護の受給者
第2段階 本人および世帯全員に住民税がかからない場合で、本人の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人
第3段階 本人および世帯全員に住民税がかからない場合で、第2段階以外の人
第4段階 上記のいずれにも該当しない人

利用者負担段階が第4段階の人は対象になりません。

◎食費の負担限度額(1日)
 第1段階・・・300円
 第2段階・・・390円
 第3段階・・・650円
 第4段階・・・施設との契約額による

◎居住費の負担限度額(1日)

第1段階

区分 居住費(日額)
多床室 0円
従来型個室(特養等) 320円
従来型個室(老健・療養など) 490円
ユニット型準個室 490円
ユニット型個室 820円

第2段階

区分 居住費(日額)
多床室 370円
従来型個室(特養等) 420円
従来型個室(老健・療養など) 490円
ユニット型準個室 490円
ユニット型個室 820円

第3段階

区分 居住費(日額)
多床室 370円
従来型個室(特養等) 820円
従来型個室(老健・療養など) 1310円
ユニット型準個室 1310円
ユニット型個室 1310円

第4段階

 施設との契約によります。

高額介護(介護予防)サービス費

 1割の利用者負担額には上限が設けられており、その上限を超えた場合は、申請により、「高額介護(介護予防)サービス費」として後で支給されます。
 具体的には、同じ月に利用したサービスについて、利用者負担の合計額(同じ世帯に複数の利用者がいる場合は世帯合計額)が利用者負担の上限を超える場合に対象となります。

利用者負担段階区分 利用者負担上限額
一般世帯 世帯 37,200円
世帯全員に住民税がかからない場合 世帯 24,600円
●合計所得金額+課税年金収入額が80万円 以下の人 個人 15,000円
●老齢福祉年金の受給者
生活保護受給者
利用者負担を 15,000 円に減額することで、生活保護の受給者とならない場合
個人 15,000円
世帯 15,000円

社会福祉法人等による利用者負担の軽減

 低所得者で、特に生計が困難な人が、軽減を申し出た社会福祉法人等のサービスを利用したときは、利用者負担額の 4 分の1(老齢福祉年金受給者は 2 分の1)が軽減されます。

軽減の対象となるサービス

訪問介護系サービス 訪問介護
夜間対応型訪問介護
介護予防訪問介護
通所介護系サービス 通所介護
認知症対応型通所介護
介護予防通所介護
介護予防認知症対応型通所介護
短期入所系サービス 短期入所生活介護
介護予防短期入所生活介護
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
お問い合わせ
大津町役場 介護保険課 介護保険係
電話:096-293-3511
ファックス:096-293-0474
メールアドレス:kaigohoken@town.ozu.kumamoto.jp