Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

ひとり親家庭福祉

ひとり親家庭の皆さんを支援するためにさまざまなサービスがあります。

JR通勤定期券割引

児童扶養手当を受けている人が通勤をするために定期券を購入する場合は、割引(3割引)制度があります。
※通学は対象ではありません。

対象者 

児童扶養手当を受けている父、母または寡婦。児童扶養手当の対象になる児童。

申請方法

「特定者資格証明書交付申請書」「特定者用定期乗車券購入証明書発行請求書」に必要事項を記入し、写真(たて4cm×よこ3cm)と一緒に役場福祉課にご提出ください。後日、証明書をお渡しします。
その後、定期券購入時に証明書を提示してください。

 申請・請求様式

「特定者資格証明書交付申請書」 別ウィンドウで開きます( 13KB )

「特定者用定期乗車券購入証明書発行請求書」 別ウィンドウで開きます( 12KB )

ひとり親家庭出張相談 

熊本県社会福祉士会では出張の相談を行っています。希望する人は電話でご連絡ください。土日祝日も対応します。

専用電話 080-6428-3300 午後1時~午後7時

※つながらない場合はメッセージを残してください。折り返しお電話します。

ひとり親家庭応援の塾

ひとり親家庭の子どもに対して受講料の割引制度を設けている塾です。
割引以外にも教材の無料配布などを行っています。
対象になる塾は「ひとり親家庭等応援の塾一覧」をご覧ください。

ひとり親家庭等応援の塾

地域の学習教室

県では「塾に通うのが難しい」「勉強する習慣を身に付けたい」など、学習意欲のある子どもたちを応援する「地域の学習教室」を実施しています。
退職された元教職員の人や大学生が先生となり、教科書にそって学習します。現在、県下で26教室が活動中です。

・対象者 ひとり親家庭の小中学生
・利用料 100円(1回上限)
・開所日 週1回以上

 先生と開催場所も募集します!

「学習支援員」として子どもたちの学習をサポートしてもらえる先生と「学習場所」を募集します。
それぞれの立場で「できること」。それらを結集して子どもたちを、熊本の未来を一緒に支えましょう。

地域の学習教室の問い合わせ 熊本県母子寡婦福祉連合会 電話:096-324-2136

面会交流

面会交流は、離婚または別居して子どもと別れて暮らしている親が、子どもと会ってお話をしたり一緒に遊んだりするのを支援員が双方の親と相談し、子どもとの面会をサポートします。
子どもにとって面会交流とは、別れて暮らす親の愛情を感じる重要なつながりです。

面会交流の問い合わせ 熊本県母子寡婦福祉連合会 電話:096-324-2136

 リンク集 

「ひとり親家庭応援の塾」の対象塾や各種制度を詳しく知りたい場合は「ひとり親家庭等応援サイト」をごご活用ください。

ひとり親家庭等応援サイト

熊本県母子家庭等就業・自立支援センターは、ひとり親家庭のお父さん、お母さんのための就業相談や生活相談、離婚や養育費についての弁護士のよる無料相談(要予約)などを受け付けています。

熊本県母子家庭等就業・自立支援センター