Hondaホームページ:本田技研工業株式会社

大津町の特産物

からいも

大津町のからいもは、県内でも収穫量、作付面積ともに一番です。大津町の広い面積と土壌を生かして現在も生産が続けられ、町を代表する農産物となっています。
もともと大津町南部地区は、水が豊富で土も粘り気があるので水持ちが良く米作に適していますが、北部地区の粒の粗く、粘り気の少ない土は、米作に適していないと言われます。しかし、阿蘇の火山灰からなる土は中に多くの酸素を含むので根菜類の栽培に適しています。大津町がからいもを栽培するようになったのは、土地の利点を生かして栽培されるようになったと考えられています。

大津町にはコンクリート式のからいもの貯蔵庫があります。からいもは収穫後、貯蔵することででんぷんが糖化し、糖度が高くなり美味しくなります。しかし、からいもは温度や湿度に弱く、温度が低いと腐り、高いと発芽してしまうので、管理を徹底しないと貯蔵することは困難です。貯蔵庫の上には換気筒があり、温度と湿度、からいもから出る炭酸ガスの問題を処理することができます。そして長期出荷することが可能となり、年間を通してからいもを楽しむことができるようになりました。

熊本県のからいもランキング
※平成18年作物統計調査より

  大津町の生産物が買える直売所一覧

  からいも堀りの様子へリンク! からいもボーイ からいもちゃん

  からいも料理コンテストレシピ集

お問い合わせ
大津町役場 農政課 農政係
電話:096-293-3116
ファックス:096-293-5757
メールアドレス:nousei@town.ozu.kumamoto.jp