Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
ホームまちづくり議会2018年「新年のごあいさつ」大津町議会

2018年「新年のごあいさつ」大津町議会

 

 

 大津町議会議長 桐原 則雄

    

 

  あけましておめでとうございます。

 平成30年を迎え、議会を代表して謹んでごあいさつ申し上げます。

 町民の皆様をはじめ各方面におかれましては、平素から町議会に対しまして温かいご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

 

平成28年4月に発生した熊本地震から1年9ヶ月経ちました。

町民の皆様が1日でも早く、安全で安心して暮らせるよう、議会といたしましても、町民の視点に立ち、議会一丸となって、熊本地震からの復旧、復興に取り組んでまいります。

昨年の3月より、新たな議会体制で町民の皆様の応援団として、スタートさせていただきました。

昨年は、役場庁舎が解体され、寂しい思いもある中で、「JR肥後大津駅」が「阿蘇くまもと空港駅」として愛称化され、観光の拠点として動き出し、町の運動公園に人工芝のグラウンドも完成し、スポーツを通した交流の拠点整備など、地域の活性化につながる取り組みもスタートしました。

議会関係では、次の世代を担う青少年が、「町や議会の仕組みを理解し、政治を身近なものとして感じ、住みよいまちづくりの意識を高めること」を目的とした「ジュニアリーダー夢議会」が開催されました。今までの中学生議会に加え、大津高校、翔陽高校、大津支援学校の皆さんも含めた代表10人が議員となって、まちづくりに関する提案や提言をするもので、中高生ならではの創意工夫に富んだ感性豊かでフレッシュな発想と視点から、議員顔負けの本格的な提案もあり、本物の議会さながらの熱い議論が交わされました。

また、新庁舎建設に向けた議会特別委員会を設置し、町民意見の反映や庁舎機能、まちづくりの拠点、災害対策機能、整備や情報発信などを含めた8項目を取りまとめた「新庁舎建設に関する提言書」を町に提案し、今後の新庁舎設計や建設を進めていきます。

更には、災害時に議会の果たす役割を明確にする大津町議会災害時対応基本計画を策定し、町の総合防災訓練に合わせて、議会独自の防災訓練を実施し、今後の対応についても協議をしたところです。

併せて「議会だより」の充実をはじめ、新たに町民の皆さんの「ご意見」や「ご要望」をお寄せいただく取り組みもスタートさせ、議会のさらなる充実と活性化を進めております。

今後も、熊本地震からの復旧、復興のスピードを上げ、希望にあふれ、魅力ある新しい町づくりの実現に全力で取り組むとともに、議会の透明性を高め、情報発信を強化し、町民の皆様との対話を大切にしながら、身近で活力ある議会を目指してまいります。

 

最後になりましたが町民の皆様のご健勝、ご多幸を心よりご祈念申し上げまして新年のごあいさつといたします。

 
 
町議会議員  
 三宮 美香       山部 良二   山本富士夫
 金田 英樹   豊瀨 和久  佐藤 真二
 本田 省生   府内 隆博  源川 貞夫
 大塚龍一郎   坂本 典光  手嶋 靖隆
 永田 和彦   津田 桂伸  荒木 俊彦
お問い合わせ
大津町 議会事務局
電話:096-293-8989
ファックス:096-293-3130
メールアドレス:gikai@town.ozu.kumamoto.jp